カンバーバッチ主演『クーリエ:最高機密の運び屋』スパイツールが一挙公開

通称:金魚鉢と呼ばれる盗聴防止装置。
通称:金魚鉢と呼ばれる盗聴防止装置。 - (C) 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 ベネディクト・カンバーバッチ主演の映画『クーリエ:最高機密の運び屋』(9月23日公開)より、スパイツールを収めた場面写真が公開された。

これがスパイツールだ!『クーリエ:最高機密の運び屋』場面写真

 本作は、アメリカとソ連が核戦争目前まで対立したキューバ危機下で、戦争を回避するために活躍した一人の男の姿を描いたスパイ・サスペンス。ベネディクトがふんするのは、実在した英国人セールスマンのグレヴィル・ウィン。一般人だったグレヴィルがスパイにスカウトされ、CIA(アメリカ中央情報局)とMI6(英国秘密情報部)の依頼を受け、機密情報の運び屋となる。ベネディクトは主演のほか、製作総指揮も務め、メラーブ・ニニッゼレイチェル・ブロズナハンジェシー・バックリーらが共演する。

 公開されたスパイツールは、盗聴防止装置(通称:金魚鉢)、テレックス、超小型カメラ(ミノックス)、仕掛けテーブル、筆談ボード、タイピンの6点。1960年代当時、実際に使用されていたスパイツールについて、徹底的なリサーチをおこなったというドミニク・クック監督は、写真資料が残っていなかったものに関しては「想像力を働かせて映画オリジナルのデザインで作ったんだ」と語っている。(今井優)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]