ADVERTISEMENT

本当にNHK?オダギリジョー演出「オリバーな犬」に猛反響

「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」第1話より。警察官役の池松壮亮と“相棒”オリバー
「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」第1話より。警察官役の池松壮亮と“相棒”オリバー - (C)NHK

 オダギリジョーが脚本、演出、出演を務めるNHKドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(9月17日、24日、10月1日<全3回>毎週金曜夜10時~10時45分放送)の初回が17日に放送され、タイトルや主題歌を担当するEGO-WRAPPIN’がTwitter上位にトレンド入り。SNS上では「NHK攻めすぎw」「眩暈がしそうな豪華なキャスティング」と大いに盛り上がっている(※ネタバレあり。1話の詳細に触れています)

【写真】染谷将太も登場!2話場面写真

 本作は、鑑識課警察犬係に所属する警察官・青葉一平(池松壮亮)が、相棒である警察犬オリバーと共に不可解な事件の数々に挑んでいく物語。シェパード犬のオリバーはなぜか主人公と視聴者にだけ、犬の着ぐるみ姿の「おじさん」に見えるという不可思議な設定となっている。

ADVERTISEMENT
主人公と視聴者以外には普通のシェパード犬として見えるオリバー

 事件の始まりは、スーパーボランティア(!)とされる男性(佐藤浩市)が、11年間行方不明だった少女(玉城ティナ)の遺体を見つけたこと。そんななか、とある家で詐欺被害があり一平&オリバーらに出動要請があり、2人は捜査をするなかでトンでもないモノを発見する。

 冒頭からオダギリの妻である香椎由宇が占い師姿で登場。EGO-WRAPPIN’の「サイコアナルシス」がBGMに使用されたアニメーションのオープニングで視聴者は大いに盛り上がり、その後10分足らずで麻生久美子本田翼岡山天音國村隼永瀬正敏鈴木慶一細野晴臣橋爪功らそうそうたる顔ぶれが登場し、「何のお祭りだ」「出てる人凄すぎ」「映画並みのキャスティング」と話題沸騰。とりわけ、半グレ集団にふんした永山瑛太は強烈な風貌で「誰かわからなかった」と驚きの声が寄せられていた。

ADVERTISEMENT
キャバクラで調子に乗るオリバー

 さらに、オダギリ演じるオリバーの変態的キャラに「w」のマークの嵐。犬なのに煙草を吸いながらスマホをいじっていたり、酒を片手に葉巻を吸っていたり。無類の女性好きで、「かわいい!」と駆け寄る女性たちにはデレデレ。調子に乗るオリバーを横目に、その都度一平が「ノミとかシラミがいるから触らないほうがいい」などと女性たちにくぎを刺すといった感で、ボケとツッコミのような掛け合いも好評。

 ミステリー仕立てのシュールな作風に、オダギリが主演を務めた三木聡監督のドラマ「時効警察」「熱海の捜査官」のほか、「ツイン・ピークス」(=遺体で発見された美少女)や映画『ブルーベルベット』(=切り取られた人間の耳)などのデヴィッド・リンチ作品を彷彿とさせるという声も。また、分割画面やモザイク、ピー音、シュールな会話など予想の斜め上を行く演出に「これNHKだよね?」とうれしい悲鳴が相次いだ。

ADVERTISEMENT
オリバーと一平が目にしたのは……!

 2話は24日放送。オリバーが発見した拳銃は、発見された少女の遺体と関係があり、一平は先輩の漆原(麻生久美子)と共に、拳銃の持ち主と思われるヤクザ組織「関東明神会」へ。一方、少女の事件を追っていたフリーライター・溝口健一(永瀬正敏)は遺体発見を受けて情報収集に奔走し、明神会の若頭・龍門(松重豊)に取材を申し入れる。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT