ADVERTISEMENT

『シン・仮面ライダー』蜘蛛男が登場へ 庵野秀明監督、他の怪人は「内緒です」

『シン・仮面ライダー』新映像2種が初公開!庵野秀明監督が作品への思いを語る » 動画の詳細

 30日、映画『シン・仮面ライダー』(2023年3月公開)のプロモーション映像(2種類)が公開された。同日、都内で行われた「シン・仮面ライダー対庵野秀明展」合同記者会見では、脚本・監督の庵野秀明が本作の怪人について言及する一幕があった。

【動画】『シン・仮面ライダー』に蜘蛛男!新映像2種が初公開

 仮面ライダー生誕50周年を記念して製作される『シン・仮面ライダー』は、1971年4月から1973年2月にかけて放送された「仮面ライダー」(原作・石ノ森章太郎)をベースに、庵野監督がオリジナル脚本を執筆。主人公・本郷猛を池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子を浜辺美波が演じる。

ADVERTISEMENT

 プロモーション映像は、「仮面ライダー」のオープニングを基に撮影・制作されたもの。映像では、サイクロン号に乗った仮面ライダーのほか、記念すべき第1話「怪奇蜘蛛男」に登場した悪役・蜘蛛男の姿が確認できる。

 怪人に関する質問を投げかけられた庵野監督は、「蜘蛛(男)は出ます。さっき(プロモーション映像に)映っていたのは、どう見ても蜘蛛ですから」と蜘蛛男の登場を宣言。それ以外の怪人については「あとは内緒です」と笑顔で返答し、「2023年春の公開なので、ぼちぼちネタとして(情報が)出てくると思います」と予告した。

『シン・仮面ライダー』や歴代シリーズについて熱弁した庵野秀明監督

 初代のイメージを踏襲しつつ、新たな仮面ライダーづくりを目指すと明かした庵野監督。「ノスタルジーは捨てたくないんです。50年前に僕や皆さんが観ていたもの、当時『仮面ライダー』を好きで毎週観ていた人たちに向けても作りたいですし、その頃生まれていない青年や子供が観ても面白いと思えるものを目指したい。この二つを融合した部分というのを模索しています」。

ADVERTISEMENT

 長年続くシリーズには「色々な魅力がある」とも話した庵野監督。「リアルタイムで見ていた50年前の仮面ライダー(の魅力)は怖さとカッコ良さ。第2話の怪人は蝙蝠(こうもり)男で、マンションの屋上で戦うのですが、当時のテレビだと、受信する画がそこまで良くなくて、ほとんど真っ黒なんです。真っ黒の中に仮面ライダーみたいな人と、黒くうごめく戦闘員が戦っていて、何が起こっているのかわからないけどカッコいいんです」と熱く語っていた。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT