ADVERTISEMENT

道枝駿佑&目黒蓮、初体験の床ドンシーンで「キュン」

目黒蓮と道枝駿佑
目黒蓮と道枝駿佑 - (C) テレビ朝日

 目黒蓮Snow Man)と道枝駿佑なにわ男子関西ジャニーズJr.)が5日、オンラインで行われたテレビ朝日系のドラマ「消えた初恋」(10月9日スタート、毎週土曜23時30分~放送)のリモート記者会見に出席し、本作の撮影を振り返った。

道枝駿佑&目黒蓮、制服姿がまぶしい!【写真】

 「別冊マーガレット」(集英社)で連載中のひねくれ渡アルコによる同名人気コミックをドラマ化した本作は、ピュアでお人よしな男子高校生・青木(道枝)と、恋愛に疎い硬派なクラスメイト・井田(目黒)の青春の日々を描く恋愛ドラマ。会見にはダブル主演の道枝、目黒のほか、共演者の福本莉子鈴木仁も登壇した。

ADVERTISEMENT

 道枝は本ドラマの出演にあたり、なにわ男子のメンバーから「頑張って」と声をかけられたことを報告。「『ドラマ楽しみ』とメンバーも言ってくれました。全話観てくれるといいんですけど」と笑顔を見せつつ、「目黒君とのキュンキュンシーンにもキュンキュンしてほしい」と呼びかけた。2人のキュンキュンシーンはドラマの見どころのひとつだが、道枝は「見つめあうシーンなどは慣れていないのでドキッとします」と感想を述べていた。

 目黒は、壁ドンのシーンについて「インして最初の方にそのシーンを撮ったんですけど、僕も恥ずかしくて。でもその感情を素直に表現すればいいのかなと思って演技をしました」と振り返った。道枝は「壁ドンの時にパンチで壁ドンするんですけど、壁の繊維が刺さってチクチクしました。拳で強めにいったので、大惨事になってしまって……」というエピソードも。目黒も「道枝君に『大丈夫?』って言って、手を触っていたら僕までチクチクしてきて」と回顧していた。

 ドラマでは壁ドンシーンだけでなく、床ドンのシーンもあるといい、道枝は目黒にされる側だったそうで、「下にいて、目黒君の輝きと太陽の輝きで、眩しくて目が開けられなくて……」と述べ、目黒も「(床ドンは)やったことがないので新鮮な気持ちでやらせてもらいました。真上から見る道枝君にもキュンとしました」と答える。また、目黒は「昨日の撮影の時、カットがかかった途端、道枝君が焼きそばを落としてしまったんです。そこは共演者のみんなもキュンとしたと思います。まさに青木っぽくて可愛らしいなって」と道枝にキュンとした瞬間を次々に紹介。道枝も「目黒君のさらっとスマートに気配りするところもかっこいい。キュンとします」と返すなど、息ぴったりの様子だった。

 目黒は共演して改めて道枝に感心させられたといい、「道枝君は19歳。自分が19歳の時にこんなに落ち着けていたかなって。すごく大人。自分と重ねるとすごいなって。落ち着いた感じがかっこいいです」と改めて道枝の存在感を絶賛。道枝も「目黒君は普段クール。でも、会話している中で笑ってくれたらギャップを感じて『いいな』と思います」と目黒のキュートな部分を明かしていた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT