東京国際映画祭コンペ選出『三度目の、正直』公開決定

ティザービジュアルも公開
ティザービジュアルも公開 - (C) 2021 NEOPA Inc.

 10月30日に開幕する第34回東京国際映画祭のコンペティション部門に選出された映画『三度目の、正直』が、2022年1月下旬よりシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開されることが決まった。

【動画】『三度目の、正直』特報

 本作は、黒沢清監督作『スパイの妻<劇場版>』や濱口竜介監督作『ハッピーアワー』の共同脚本、野原位が監督を務めた群像劇。神戸の街を舞台に、人々の秘めた思いが交錯する。主演は『ハッピーアワー』で主役の一人を演じた川村りら。子どもを育てたいと切に願いながら、どこか狂気を宿した女性を鮮烈に演じた。川村のほか、『ハッピーアワー』の複数のキャスト&スタッフが再び結集している。

[PR]

 このたび、ティザービジュアルと特報映像も公開された。野原監督は作品について、以下のようにコメントしている。(清水一)

野原位監督

共同脚本を務めた濱口竜介監督の『ハッピーアワー』では、スタッフとしても神戸で1年以上現場を体験し、演者とスタッフの信頼関係がどれほど映画内の世界に影響するかを痛感しました。ようやく自分の映画を撮れるとなったタイミングで迷わず彼らに参加オファーをしました。山と海、都市がコンパクトに共存する神戸の街も変わらず魅力的でした。
主演の川村りらさんはカメラを通して見ると、溢れ出る力強さがあり、発する声に誠実さを感じる俳優さんです。人を撮りたいということにおいては『ハッピーアワー』と共通する部分がありますが、異なる趣の作品になっていると思います。登場人物たちの感情に寄り添いながら観ていただければとてもありがたいです。

映画『三度目の、正直』特報 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]