ADVERTISEMENT

深田恭子、幸せを運んでくれた『劇場版 ルパンの娘』に感謝

深田恭子
深田恭子

 深田恭子が10日、都内で行われた『劇場版 ルパンの娘』(10月15日公開)の公開直前イベントに登壇し、ドラマ版からスケールアップした本作についてアピールした。

【写真】深田恭子、白いワンピース姿がカワイイ!

 泥棒一家・Lの一族の娘・三雲華(深田)と警察一家の息子の桜庭和馬(瀬戸康史)の断の恋をコミカルに描いたドラマシリーズの劇場版。二人の新婚旅行先・ディーベンブルク王国で、Lの一族が最後のお宝奪取に臨む。

ADVERTISEMENT

 深田はテレビ版と比べ、「さらにスケールアップしています。台本を読んだだけでは想像がつかない、こんな風になっていたんだ! というようなシーンがあります。笑いあり、涙あり、家族愛あり、盛りだくさんです」とアピール。ミュージカルシーンも見どころで、「みんなで部活のように一生懸命に合わせました。控室では、誰かが歌い出すとどんどんハモッていって合唱になったり、ダンスシーンも間違えちゃいけないとみんなで集まって練習していました」と気合を入れて臨んだことを伝えた。

 また、Lの一族が着用するボディラインがくっきり表れる“泥棒スーツ”について、思わぬ告白も。深田は、「暑い季節も寒い季節もあれを着てやり切ったので、結構年季が入っています。あんまり近くでは見せられないです」と明かすと、「適した季節がないんですよね。どうしていいかわかりませんでした。劇場版は激寒でした」と意外な苦労を打ち明け、会場の笑いを誘った。

03
『劇場版 ルパンの娘』キャスト

 しかし、撮影現場の雰囲気は最高のようで、「すごく居心地がよくて、自然と過ごしている感じでした」と笑みをこぼすと、「チームワークはすぐにできるものではないです。(テレビ版から)1年かけて、2年かけて、そして劇場版があって、こんな風にみなさんと絆が作れたので、幸せを運んでくれた作品です」としみじみと語った。

 この日は、瀬戸、小沢真珠栗原類小畑乃々(子役)も来場し、10月10日が「てんとうの虫3号の日」として記念日に正式登録されたことも発表された。「てんとう虫3号」とは、てんとう虫の装飾を施した劇用車のことで、深田は「本日は、みなさま(報道陣)の大切なお時間と、10月10日てんとう虫の日をいただきました」と満足そうな表情を見せていた。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT