ADVERTISEMENT

前田敦子は監督のやりたいことを体現する女優!

絶賛の言葉に照れ笑いを浮かべた前田敦子
絶賛の言葉に照れ笑いを浮かべた前田敦子

 女優の前田敦子が12日、都内で行われた映画『DIVOC-12』公開記念舞台あいさつに出席。三島有紀子監督から「監督のやりたいことを体現してくれる女優さん」と絶賛され、照れ笑いを浮かべていた。舞台あいさつには、山嵜晋平監督、齋藤栄美監督、加藤拓人監督も登壇した。

【写真】前田敦子の笑顔輝く!イベントの模様

 本作は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けたクリエイターや制作スタッフ、俳優の継続的な創作活動を支援するためのプロジェクトにより製作されたオムニバス映画。前田は加藤監督作品『睡眠倶楽部のすすめ』で主演を務めたが、「すごくステキな企画に参加させていただき嬉しかった」と満面の笑みを見せると、「とても夢あるプロジェクト。どんどん若い方が世に出る登竜門的な企画になればいいなと思います」と未来に思いを馳せた。

ADVERTISEMENT

 加藤監督は、公募によって選ばれた監督で、本作が商業映画デビューとなった。加藤監督は「商業デビュー作に、前田さんのような素晴らしい女優さんとご一緒できるなんてことはそうそうないこと」と感謝を述べると、前田は「加藤監督の台本は、セリフは少ないのですが、世界観がステキでワクワクしました」と称賛。さらに前田は「細かいところまで目が行き届いていて、さすが多くの作品で助監督として作品を支えてきた方だなと思いました」と頼もしい監督だったことを強調していた。

 公募から加藤監督を選出した三島監督は「前田さんが主人公を演じてくれて本当に良かったね」としみじみ語ると、「前田さんは本当に監督のやりたいことをしっかりと体現してくれる女優さんなんです」と絶賛。そんな三島監督の言葉に、前田は恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべていた。

 「また加藤監督のような才能を持った新人監督さんとご一緒できる機会があったら嬉しいです」と語った前田は、「第2弾、第3弾と新しい才能が世に出る機会があれば嬉しい。ぜひ皆さんの力でこの企画を大きくしてください」と客席に呼びかけていた。(磯部正和)

映画『DIVOC-12』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT