ADVERTISEMENT

深田恭子『ルパンの娘』公開に寂しさも「呼ばれたらいつでも」と続編に意欲!

『劇場版 ルパンの娘』に万感の思いの深田恭子
『劇場版 ルパンの娘』に万感の思いの深田恭子

 深田恭子が15日、丸の内TOEIで行われた映画『劇場版 ルパンの娘』の初日舞台あいさつに出席。連続ドラマでは2シーズン、そして今回の劇場版と長きにわたって携わってきた作品に寂しさを募らせつつも「呼ばれたらいつでも仮面をつけて集まりましょう」と続編への意欲を見せた。舞台あいさつには共演者の瀬戸康史小沢真珠栗原類どんぐり大貫勇輔市村正親観月ありさ渡部篤郎武内英樹監督も登壇した。

深キョン×峰不二子!「ルパン三世」『ルパンの娘』コラボビジュアル【画像】

 本作は、泥棒一家の娘と警察一家の息子との禁断の恋をコミカルに描いた横関大の同名小説をもとにしたドラマ「ルパンの娘」の劇場版。泥棒一家・Lの一族の娘・三雲華(深田)と警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸)の新婚旅行先・ディーベンブルク王国で、一族がお宝奪取に挑む姿が描かれる。

ADVERTISEMENT

 この日の劇場は一席空けではなく満員の観客で埋め尽くされた。「ようやくこの日を迎えられて嬉しいです」と満面の笑みを浮かべた深田。パート1のときには「こんなドラマがあるのか」と奇想天外なストーリーに驚いたことを明かすと「その後パート2ができて、さらに劇場版までできるとは想像していませんでした。とてもチームワークの良い現場で、いつも楽しかったです」と懐かしそうに撮影を振り返った。

 深田ふんする華の父・尊を演じた渡部は「とても寂しいです。こんな気持ちは初めてかな」とやや感傷的な表情を浮かべると「せっかく(劇場版で)観月さんや市村さんに出演してもらったので、また違う物語を作りたい。私はまだまだやっていきたいです」と続編を希望する。劇場版から参加した観月は「スタッフ・キャストのチームワークができあがっていて、世界観を作り上げてくれているので、変に役づくりの必要がなかった。恭子ちゃんと渡部さんとのシーンが多かったのですが、とても楽しかったし、心強かったです」と感謝を述べた。

 シリーズを通して華を演じ続けてきた深田。泥棒スーツを着た姿も作品の大きな見どころになっているが、スーツを着ての演技はなかなかの難敵だったよう。「泥棒スーツがピッタリ合う季節がなかなかないんですよね」と悩ましい顔を浮かべると、「暑いときはものすごく暑く、寒いときは信じられないぐらい寒いんです」と苦笑いで撮影の苦労を明かした。

 2019年の連続ドラマから続いたシリーズも、これで一段落。深田は「華という役にすごく愛着がありますし、私にとっては宝物のような作品になりました。私たちの手から作品が離れてしまうのは寂しいですね」と感無量に様子。それでも深田は「いつでも呼ばれたら、仮面をつけて集まりましょう!」と続編への期待を口にした。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT