仲野太賀、草なぎ剛ら出演!Disney+で「拾われた男」ドラマ化

左から、仲野太賀、草なぎ剛、伊藤沙莉、松尾諭。
左から、仲野太賀、草なぎ剛、伊藤沙莉、松尾諭。

 動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の新しいブランド「スター」のラインナップ発表会となる「APACコンテンツ・ショーケース」が14日、白金台の八芳園で行われ、ドラマ化されることが発表になった「拾われた男」の仲野太賀草なぎ剛伊藤沙莉松尾諭が登壇した。

【写真】「拾われた男」仲野太賀、草なぎ剛、伊藤沙莉ら登壇

 現在、「ディズニー」「マーベル」「スター・ウォーズ」「ピクサー」「ナショナル ジオグラフィック」という5つのコンテンツブランドが運営されている「Disney+(ディズニープラス)」だが、10月27日より新しいコンテンツブランドの「スター」が追加。「スター」では、20世紀スタジオやサーチライトピクチャーズなどの膨大なラインナップに加え、日本、韓国、中国をはじめとしたアジア太平洋地域(APAC)のコンテンツも追加される。

[PR]

 「スター」には、日本から新たに6作品が加わることとなり、この日のイベントでは、俳優の松尾のエッセイをドラマ化した「拾われた男」の出演者となる仲野、草なぎ、伊藤、そして原作者の松尾が登壇した。

 ドラマは、松尾の実話をベースとしたフィクションとなり、監督は「あまちゃん」の井上剛、脚本は『百円の恋』の足立紳が務める。主人公を演じる仲野は「お話をいただいた時は、まさか自分にこの話が来るとはまったく思っていなかったので、すごく不思議な気持ちでいっぱいです。これから撮影が始まっていくので、松尾さんに怒られないように、楽しくできたらいいなと思います」と意気込んだ。

 そして、主人公の運命の恋人役を演じる伊藤が「けっこう前に、松尾さんから沙莉にやってほしい役があると、先生からお話をいただいて」と冗談めかすと、「先生って言わないで!」と照れてみせる松尾。その様子に伊藤も笑顔を見せながら、「話を聞いたら、奥さんの役で、大役を任されたなという気持ちです。原作の二人の描写が戯曲っぽくなるところがあって、その表現が好きだったんで、原作の世界観を壊さずに表現できたらなと思っております」とコメントした。

 さらに主人公の兄を演じる草なぎも「僕も松尾先生から役をいただいて、とてもありがたい限りでございます。僕も松尾くんの電話番号を知っているんですけど、一度もかけたことがなくて」と松尾を茶化してみせて、会場の笑いを誘った。「本を読ませていただいたんですけど、すごくグッとくるところがあるので。松尾先生に怒られないように頑張りたいと思います」と笑顔で意気込んだ。

[PR]

 そして自身のエッセイがドラマ化されることに、「浮かれるとろくなことが起きないだろうなとは思うんですけど、今もすごく浮かれております」と喜びを隠せない様子の松尾。自身をイメージした主人公を演じる仲野に対しては「やはりすごく素敵な俳優さんだと思うので、あまり僕のことを意識せずに自由にやってもらいたいと思います」とメッセージを送ると、仲野は「やはり大先生にそう言っていただけると本当に心強いなと。頑張ります」と笑顔を見せた。なお、配信は2022年を予定しており、詳細は未定となっている。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]