ADVERTISEMENT

ジョン・ウー監督、セリフなしのアクション映画で再びハリウッドへ

久々にアメリカ映画を手掛けることになりそうなジョン・ウー監督
久々にアメリカ映画を手掛けることになりそうなジョン・ウー監督 - Unioncom / ChinaFotoPress via Getty Images

 映画『フェイス/オフ』『男たちの挽歌』などのジョン・ウー監督が、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』のジョエル・キナマンを主演に迎える新作映画『サイレン・ナイト(原題) / Silent Night』で、久々にアメリカ映画を監督するとDeadlineが独占で報じた。

【画像】『フェイス/オフ』フォトギャラリー

 関係者が同サイトに明かしたところでは、同作は一切セリフのないアクション映画になる予定で、ジョエルは、失った幼い息子の復讐のために、裏社会へと足を踏み入れる父親を演じるという。

ADVERTISEMENT

 独特の映像美とアクション演出で世界中にファンを持つウー監督は、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の『ハード・ターゲット』(1993)から、ハリウッドで『ブロークン・アロー』(1996)、『M:I-2』(2000)など数々のアクション映画を監督。ベン・アフレック主演の『ペイチェック 消された記憶』(2003)以降は、再びアジア圏を中心とした映画製作に戻り、赤壁の戦いを全2部作で描く『レッドクリフ』は日本でもヒットを記録した。

 『サイレン・ナイト(原題)』のプロデューサーには『ジョン・ウィック』シリーズのベイジル・イヴァニクエリカ・リーらが名を連ねており、現在はジョエル以外のキャスティングが進行中ということだ。

 ウー監督がメガホンを取りジョン・トラヴォルタニコラス・ケイジが共演した『フェイス/オフ』は、『ゴジラvsコング』のアダム・ウィンガード監督による新作企画の存在が各メディアで報じられている。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT