ADVERTISEMENT

横浜流星、Netflix「新聞記者」出演 映画版になかった一般市民の視点を追加

ティザーキーアート
ティザーキーアート

 米倉涼子主演のNetflixシリーズ「新聞記者」の配信開始日が2022年1月13日に決定し、新キャストが発表。2019年公開の映画版には登場しなかった一般市民の若者を、横浜流星が演じることが明らかになった。現在放送中のドラマ「アバランチ」でも藤井道人監督と組んでいる綾野剛が組織の論理に翻弄される若手官僚を演じるほか、吉岡秀隆寺島しのぶ吹越満田口トモロヲ大倉孝二田中哲司萩原聖人柄本時生土村芳小野花梨橋本じゅんでんでんユースケ・サンタマリア佐野史郎らが名を連ねる。

「新聞記者」予告映像

 本作は、2019年6月に公開され第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ6部門を受賞したシム・ウンギョン松坂桃李共演の映画『新聞記者』を、キャストを一新し、全6話のドラマとして展開。“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈(米倉)が、政府の起した公文書改ざん事件の真相を追う物語で、事件が報道側、政権側、市井の人々それぞれの視点で描かれる。

ADVERTISEMENT

 綾野が演じるのは、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一。『青の帰り道』『DIVOC-12』などで藤井監督と組んできた横浜が、新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮に。監督が本作でどうしても描きたかったキャラクターだという。そして、自分の意思に反し改ざん作業を強いられる公務員・鈴木和也とその妻・真弓に吉岡秀隆、寺島しのぶがふんする。

 予告編は、ある国会答弁にまつわる映像から始まる。官邸記者会見で忖度なしの質問を連発する東都新聞記者・松田(米倉)、エリート若手官僚として職務に邁進する村上(綾野)、そして政治には興味も知識もない就活中の大学生・木下(横浜)。異なる世界に生きる3人が、世間を震撼させたあるスクープをきっかけに交錯していく。圧殺される個人の意志と、それを受け継ごうと闘う人々のそれぞれの正義がせめぎ合う中、松田の「この国は変わらないといけないんです」という切実な台詞で締めくくられている。(編集部・石井百合子)

Netflixシリーズ「新聞記者」は2022年1月13日、Netflixにて全世界同時独占配信

『新聞記者』 予告編 - Netflix » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT