ADVERTISEMENT

ジェニファー・ロペス、平凡な教師との恋に悩む世界的ポップスターに!『マリー・ミー』来年4月に日本公開

ジェニファー・ロペスの圧巻パフォーマンスも!
ジェニファー・ロペスの圧巻パフォーマンスも! - (C) 2021 Universal Pictures

 ジェニファー・ロペスがプロデュースと主演を務めた映画『Marry Me(原題)』の邦題が『マリー・ミー』に決定し、2022年4月22日に日本公開されることが明らかになった。

【画像】ジェニファー・ロペス、すっぴんが神がかった美しさ!

 ジェニファーの主演最新作となる本作は、世界的ポップスターと平凡な数学教師の恋と結婚をミュージックやダンスを交えて描くロマンティック・ラブストーリー。ジェニファーが本人さながらの世界的ポップスターのカットを演じ、抜群の歌唱力や恋に悩むキュートな姿も披露する。カットの新たな恋のお相手となる平凡な数学教師チャーリー役をオーウェン・ウィルソンが務める。

ADVERTISEMENT

 そして、カットと婚約中のスター、バスティアンをコロンビア出身のレゲトン歌手マルーマが演じる。デビューアルバム「マジア」がコロンビアでゴールドディスク認定されるなど、ラテンミュージック界で人気を誇るマルーマは本作で映画デビューを果たす。劇中では、ジェニファーとマルーマのオリジナル新曲「Marry Me」がフィーチャーされ、今回の発表にあわせて公開された「デイト・アナウンスメント」映像でも、結婚を祝福するにふさわしい楽曲の一部を聞くことができる。

 ジェニファーのパフォーマンスが全編にわたって披露されることも見どころの本作。監督を『ウソはホントの恋のはじまり』のカット・コイロが務めた。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT