ADVERTISEMENT

松井玲奈、感情を抑える芝居に戸惑いも…映画単独初主演作でのプレッシャー

美しい!松井玲奈
美しい!松井玲奈

 女優の松井玲奈が9日、都内で行われた映画『幕が下りたら会いましょう』完成披露上映会に来場し、映画単独初主演作となる本作で感じたプレッシャーや、演じるうえでの難しさなどを明かした。この日は松井のほかに筧美和子しゅはまはるみ前田聖来監督も来場した。

【動画】松井玲奈、筧美和子ら登場!完成披露上映会【トークノーカット】

 本作は、妹の尚(筧)が亡くなった日に、妹からかかってきた電話に出なかったことに複雑な思いを抱える劇作家の麻奈美(松井)が、さまざまな人々との出会いや再会を経て、自分自身と向き合っていくさまを描いた人間ドラマ。

ADVERTISEMENT

 「初めて主演をひとりで任せていただけるということで、それに対するプレッシャーも大きかった」と語る松井だったが、「でも物語の中では麻奈美というひとりの女性が軸になって進んでいくので、わたしが主演だとかどうということではなく、ここにいる皆さんに麻奈美の家族の話を目撃していただいて、感じるものがあったらうれしいなという気持ちで今はいっぱいです」とコメント。司会者からの「単独主演おめでとうございます」という言葉に、会場からは拍手がわき起こった。

 自身が演じる麻奈美について、松井は「お芝居をしていく中で、感情の起伏がある人なのかなとわたしは感じていたんですが、監督からはとにかく感情を抑えてほしいと言われて。最初はそれがすごく難しいというか、感情を抑えるってどうしたらいいんだろうと戸惑いながら演じていました」と告白。「でもだんだん麻奈美と自分がリンクしていく中で、抑えることによって、(逆に)あふれ出す瞬間があるんだなと思って。演じている中で今までに経験したことのない感情、感覚に陥ることができて。すごくいい経験だったなと感じています」と充実した表情を見せる。

 一方、妹の尚にふんした筧は、「松井さんに抱きしめられるシーンがあるんですけど、その時にすごく鳥肌がたったんです。その時がたぶんわたしの初日だったと思うんですけど、麻奈美の感情がすごく伝わってきて。(尚は)ヒントの少ない役だったので、わたしにとっては、松井さんが抑えていた部分が、その時に溢(あふ)れてきたのを感じたんです」と松井の感情に触れた瞬間について振り返る。

ADVERTISEMENT

 その言葉を聞いた松井は「撮影がはじまってからも、筧さんに会うシーンがなかなかなかったんです。本当に『尚にやっと会えた』という気持ちでそのシーンに臨んでいたので、やっとちゃんと触れることができて、うれしい瞬間でした」とストレートな思いを語るも、そこで思わず「恥ずかしい」と照れ笑いをしてしまうひと幕もあった。

 そして、メガホンを取った前田監督は「この作品はコロナ前に企画を立てていて。自分の両親に向けたメッセージとなる作品になったらいいなと思いました」と切り出すと、「自分自身、今は25歳なんですが、年齢を重ねていく中での悩みだったり、年齢を重ねていったからこそ見えてくる家族のひずみだったり、逆にそこから生まれてくる愛だったりと、変化があるからこそ、またさらに愛し合える家族の形のようなものを作品に残したいなと思いました。そんな中でコロナ禍になって、会いたくても会えない混沌(こんとん)とした世の中になったんですが、何かそこも含めてメッセージを残せないかなと思ったのがこの作品を作った理由になります」と企画の経緯を明かしていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『幕が下りたら会いましょう』は11月26日より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開

松井玲奈、筧美和子ら登場!『幕が下りたら会いましょう』完成披露上映会【トークノーカット】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT