ADVERTISEMENT

クリント・イーストウッド名作3作がスクリーンに!監督デビュー50周年記念

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
監督デビュー50周年のクリント・イーストウッドを称える特別映像 » 動画の詳細

 クリント・イーストウッドの監督デビュー50周年を記念して、イーストウッドが手掛けた名作『許されざる者』(1992)、『グラン・トリノ』(2008)、『アメリカン・スナイパー』(2014)が、12月24日より3週間限定で劇場公開されることが決まった。あわせて、イーストウッド作品に出演経験のある名優らが功績称える特別映像も公開された。

【動画】監督デビュー50周年のクリント・イーストウッドを称える特別映像

 公開された映像には、ジーン・ハックマンモーガン・フリーマンメリル・ストリープケヴィン・コスナーらが、イーストウッドについて「彼は生まれながらにして映画監督なんだ」「本当にすばらしいアーティストよ」などと絶賛する姿が映し出される。

ADVERTISEMENT
イーストウッド
監督デビュー50周年アニバーサリーステッカー

 各作品の上映前には、イーストウッドの長年の功績を辿るドキュメンタリー「クリント・イーストウッド:シネマティック・レガシー」から、各作品それぞれの舞台裏についてのエピソードが同時上映される。また、来場者へのスペシャルプレゼントとして「監督デビュー50周年アニバーサリーステッカー」の配布も予定されている。

 1971年に『恐怖のメロディ』で監督デビューを果たしたイーストウッド。最新作としては、監督・主演・製作を務めた『クライ・マッチョ』の公開が、2022年1月14日に控えている。(今井優)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT