ADVERTISEMENT

『アナと雪の女王2』オラフ声優、次はイケメン婚約者役

『ミラベルと魔法だらけの家』で武内駿輔が担当したマリアーノ
『ミラベルと魔法だらけの家』で武内駿輔が担当したマリアーノ - (c) 2021 Disney. All Rights Reserved.

 金曜ロードショーで放送中の映画『アナと雪の女王2』で人気キャラクター・オラフの吹き替えを務めたのは、声優の武内駿輔だ。同作ではちょっととぼけたオラフをチャーミングに表現した武内だが、ディズニー・アニメーションの新作『ミラベルと魔法だらけの家』(11月26日公開)ではイケメン婚約者のマリアーノというガラッと違うキャラクターを演じている。

【画像】イケメン!オラフ役の武内駿輔

 『ミラベルと魔法だらけの家』は、『ズートピア』のバイロン・ハワードジャレド・ブッシュが監督したディズニー・ミュージカル。主人公ミラベルは、魔法の力を与えられた不思議な家に暮らすマドリガル家の少女。マドリガル家の人々は5歳の誕生日を迎えると一人一人独特な“魔法のギフト(才能)”を家から与えられるが、なぜかただ一人だけ“魔法のギフト”を与えられなかったのがミラベルだ。そんな彼女が家の危機を知って立ち上がるさまを描く。楽曲を手掛けたのは、大ヒットブロードウェイミュージカル「ハミルトン」や『モアナと伝説の海』などで知られるリン=マヌエル・ミランダだ。

ADVERTISEMENT

 そんな『ミラベルと魔法だらけの家』で武内が担当したマリアーノは、植物を成長させ、花を咲かせる“花のギフト”を持つ美しきイサベラ(ミラベルの姉)の婚約者だ。武内はマリアーノについて、「ハンサムで、とても良い男です。しかし、どこか少し抜けている雰囲気もあり……なぜか気になるキャラクターかと思います(笑)」とコメント。「楽曲全体が、今までにないとても陽気なパワーを持っていて、聴くと自然と体が動きそうになるのが、今作の最大の魅力かと思います。家族の絆をテーマにした作品、是非多くの方に楽しんで頂けますと、幸いです」と作品の魅力についても語っている。

 なお、今月12日からはディズニープラスで新作短編アニメーションシリーズ「オラフが贈る物語」が配信中。『アナと雪の女王2』で話題となったオラフがシリーズ2作品を超駆け足で再現するおさらいシーンから発展し、オラフが『アラジン』『リトル・マーメイド/人魚姫』『ライオン・キング』といったディズニーの名作の数々を一人でコミカルに再現していくという内容で、武内の芸達者ぶりが際立っている。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT