ADVERTISEMENT

生田斗真、歓喜する弟・竜聖アナに「私情入りすぎ」

生田竜聖アナ(右)を労う生田斗真(左)
生田竜聖アナ(右)を労う生田斗真(左)

 生田斗真が19日、都内で行われた映画『土竜の唄 FINAL』初日舞台あいさつに登壇し、MCを務めた実弟の生田竜聖アナウンサーと互いに公開ダメ出しを繰り広げて会場を笑いに包んだ。

【写真】微笑ましい兄弟愛を見せた生田斗真&竜聖アナ

 本作は、累計発行部数950万部を突破した高橋のぼるの大ヒットコミックを実写映画化した人気シリーズの3作目にして完結作。“海上の楽園”こと超豪華客船を舞台に、警察をクビとなり潜入捜査官(通称:モグラ)に任命された菊川玲二(生田)が、取引額6,000億円の麻薬密輸阻止に挑む姿が描かれる。この日のイベントには、共演の鈴木亮平滝沢カレン仲里依紗堤真一や、三池崇史監督、脚本家の宮藤官九郎も来場した。

ADVERTISEMENT

 冒頭、竜聖アナは「兄の主演の映画の舞台あいさつに進行で立てること、感無量でございます」としみじみと語り、キャスト勢が登場すると、「生田さん、ゴールドですね」と華やかな衣装について言及した。ところが、サングラスをかけた斗真は、「初日を迎えたにもかかわらず、目のトラブルにあい、こんな恥ずかしい格好で申し訳ないです」と謝罪し、「マジで最後だかんね。見逃してほしくない、とんでもない映画ができました」と本作を堂々アピール。竜聖アナから、「後ほどごあいさついただこうと思ったんですけど、フライング気味で……」と言われると、斗真は「焦っちゃいました。すみません……。やめろ、ダメ出しは!」と照れ臭さを隠すように声をあげた。

 トークが進む中、竜聖アナが「弟ながら、『源氏物語 千年の謎』とか『人間失格』とかいろいろ映画をやってきて、突然『土竜の唄』で裸の兄を劇場で見て、どこに向かってしまうんだろう……という思いがありました」と切ない心情を明かしつつ、「いろいろな人に愛されて、ファイナルを迎えられたこと、うれしく思います」と喜ぶと、今度は逆に斗真が「私情が入りすぎてるよ」と指摘。

 また、本作には竜聖アナも出演しているが、斗真から「緊張しすぎだよ。硬かった~」と追撃され、三池監督からも「(セリフの)1行目で噛んでいました。NG出まくりでした」と暴露されると、竜聖アナは恥ずかしそうに「失礼いたしました」と頭を下げた。そんな二人だが、降壇時は斗真が竜聖アナの肩をたたき、親指を立てて労うなど、微笑ましい兄弟愛を見せていた。

ADVERTISEMENT

 さらに、轟烈雄役の鈴木は「24歳の時に出会ってから、尊敬する俳優であり友人でもある斗真のファイナルの最凶の敵をやってくれと言われて、結構なプレッシャーがありました」と複雑な胸中だったことを吐露。一方、警視庁組織犯罪対策部長・沙門夕磨役の滝沢は、「中学2年生の時に映画に出て、舞台あいさつに行くことが夢でした。今日は、自分が思っているよりうれしいです」と満面の笑みを見せる。

 宮藤は、コロナ禍で撮影が思い通りにならないことから、いくつかのシーンがカットされた台本のチェックを依頼されたことを振り返り、「皆川(猿時)さんと斗真くんのキスシーンが残っていたのでOKですと言いました」と明るくぶっちゃけ、会場の笑いをさらっていた。(錦怜那)

映画『土竜の唄 FINAL』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT