ADVERTISEMENT

『47RONIN』から300年後描く続編、主要キャスト判明 キアヌ・リーヴスは出演せず

『47RONIN』でキアヌが演じた主人公カイ
『47RONIN』でキアヌが演じた主人公カイ - Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 キアヌ・リーヴス主演で「忠臣蔵」を大胆アレンジした映画『47RONIN』続編の主要キャストが明らかになった。Colliderなどが報じている。

【動画】キアヌ&日本人キャストが夢の共演!『47RONIN』予告編

 『47RONIN』は、主君の敵を討つべく集まった47人の浪士とキアヌふんするはぐれ者のサムライが手を組み、決死の戦いに挑むファンタジーアクション。日本からは真田広之浅野忠信菊地凛子柴咲コウ赤西仁らが出演した。続編は、前作から300年が経過し、サムライが密かに存在している現代が舞台となる。

ADVERTISEMENT

 主要キャストに抜てきされたのは、Netflixドラマ「ジュピターズ・レガシー」のアナ・アカナと、『ジョン・ウィック:パラベラム』でキアヌと共演したマーク・ダカスコス。二人の役柄は明かされていない。前作で主人公・カイを演じたキアヌは、続編には出演しないという。

 ユニバーサル1440エンターテインメントのゼネラルマネージャー兼代表取締役副社長を務めるグレン・ロスは、「現代を舞台にした『47RONIN』の続編で日本の古きサムライの物語を語り続けることができて、とても興奮しています」と声明を発表。主要撮影がすでにブダペストで始まっていることを明かした。

 メガホンを取るのは、実写版『ムーラン』にも出演していたロン・ユアン監督。脚本は『イントゥ・ザ・ストーム』のジョン・スウェットナム、女優のエイミー・ガルシア、元WWEのレスラーで作家のAJ・メンデスが執筆している。続編は劇場公開向け作品として製作されず、2022年に全世界でリリースされる予定だ。(編集部・倉本拓弥)

映画『47RONIN』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT