ADVERTISEMENT

鈴木亮平「TOKYO MER」映画化が決定!2023年に公開へ

豪華キャストが再集結!
豪華キャストが再集結! - (C)TBS

 鈴木亮平主演のドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」が映画化され、2023年に公開されることが発表された。

【写真】「TOKYO MER」涙の最終回カット

 TBSで2021年7月期に日曜劇場枠で放送された「TOKYO MER~走る緊急救命室~」は、救命救急医の喜多見幸太(鈴木)をはじめとする救命救急のプロフェッショナルチーム“TOKYO MER”が、患者の命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく姿を描いた本格救命医療ドラマ。

ADVERTISEMENT

 『劇場版TOKYO MER~走る緊急救命室~』でも主演の鈴木はもちろん、賀来賢人中条あやみ要潤小手伸也佐野勇斗フォンチー菜々緒仲里依紗石田ゆり子らおなじみのキャストが続投することが決定している。監督を務めるのは、ドラマ版の演出を担当した松木彩。脚本もドラマ版から引き続き黒岩勉が手掛ける。

 「映画化と聞いて、なによりも『MER』メンバーに再び会えると思うと今からとてもワクワクしています」という鈴木は、「『TOKYO MER』が描いてきたのは、たった一つしかない命の大切さ。そしてそれを支える医療従事者をはじめ、消防隊、警察など、誰かのために頑張っている人たちの勇気ある心です。ドラマ放送中は、僕たちも皆様からたくさんの勇気と熱い感想をいただきました。今回そのお気持ちに、映画化という最高の形で恩返しできることが本当にうれしいです。そして、現実でもまだ予断を許さない状況が続いているからこそ、医療従事者の方々の魂を伝えられる作品を作りたいと思っています」と作品への熱い思いを語る。

 続けて、「ドラマの時にも巨大なスケールで描かれた『TOKYO MER』が、映画になるとどうなってしまうのか……僕もまだ想像できていないのですが、間違いなくさらにスケールアップした作品になるでしょう。責任重大ですね。楽しみですが、少し怖くもあります(笑)。我々『MER』メンバーもドラマと同じレベルのものをお見せするわけにはいきません。個々のスキルもチームワークもさらにパワーアップして、成長した姿を見ていただきたいです」と意気込んだ。

 さらに、映画化を記念してMERのメンバーをモデルにした動物キャラクターが登場するWEB版ショートアニメが、TVerや TBS FREE、GYAO!、Paraviなどで配信開始となった。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT