ADVERTISEMENT

魅力的過ぎる!韓国ドラマ「恋慕」ロウンにハマる人続出

Netflixシリーズ「恋慕」独占配信中
Netflixシリーズ「恋慕」独占配信中

 Netflixで配信中の韓国ドラマ「恋慕」(全20話)でチョン・ジウンを演じたキム・ロウンの魅力にハマる人が続出している(以下、本編の内容に触れています)。

ロウン&パク・ウンビン!韓国ドラマ「恋慕」場面カット

 本作は、韓国のWEBマンガが原作。王位継承者だった双子の兄弟の死により、男装して王世子(王の世嗣ぎ)のイ・フィとして生きていくことになるタミ(パク・ウンビン)が、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されていく姿を描く。ジウン(ロウン)は、タミの初恋の相手で、後にイ・フィの師匠となる人物だ。

ADVERTISEMENT

 さまざまな思惑が渦巻く宮廷で、真っすぐな性格のジウンは、イ・フィの本当の正体に気づかずに惹かれていく。イ・フィへの恋心を自覚し、言動ひとつで一喜一憂する一途なジウンを好演したロウンについて、SNS上では「めちゃくちゃカッコいい」「ひたすらイケメンで眩しい」「恐ろしいほど魅力的」といったコメントが投稿されている。

 また、2人の切なくピュアな恋愛が多くの人の心をつかみ、「ロスから抜けられない」「余韻がすごい」「一気見してしまった」といった声も見受けられた。なお、2021 KBS演技大賞では、最優秀女優賞(パク・ウンビン)、新人演技賞(ロウン)、人気賞(パク・ウンビン、ロウン)、ベストカップル賞(パク・ウンビン&ロウン)を獲得した。

 1996年8月生まれ、189cmと長身のロウンは、2016年に韓国でデビューした9人組ダンスボーイズグループSF9(エスエフナイン)のメンバー。俳優としては、ドラマ「恋するレモネード」(2017)、「アバウトタイム ~止めたい時間~」(2018)、「輝く星のターミナル」(2018)、「先輩、その口紅塗らないで」(2021)といった作品で活躍。「偶然見つけたハル」(2019)では、ヒロインの相手・ハル役で大きな注目を浴び、2019MBC演技大賞で男性新人賞を受賞した。

 「恋慕」は、韓国のテレビ局KBSで2021年10月から放送がスタート。日本では各話放送終了後にNetflixで配信され、12月14日には最終回が配信となった。最終回を迎えてもなお人気を博しており、Netflixの日本のランキング(2022年1月11日時点)では6位にランクインしている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT