ADVERTISEMENT

浜辺美波、医療ドラマ初挑戦で手応え!驚きの“特殊能力”も明かす

「ドクターホワイト」取材会の様子
「ドクターホワイト」取材会の様子

 浜辺美波が11日、都内で行われたドラマ「ドクターホワイト」の取材会に出席。医療ドラマ初挑戦となる浜辺は本作への手応えがあることを語りつつ、演じるキャラクター同様に“特殊能力”を持っていることを明かした。この日は共演者の柄本佑瀧本美織岡崎紗絵勝地涼片桐仁高橋努高橋文哉小手伸也石坂浩二も出席した。

浜辺美波が白衣姿で登場!「ドクターホワイト」取材会にキャスト集結【写真】

 樹林伸の小説「ドクター・ホワイト 千里眼のカルテ」「ドクター・ホワイト 神の診断」をもとにした本作。医者をも凌駕する医療知識を持ちながらも、記憶喪失で社会性ゼロという正体不明の白夜(浜辺)が、天才的な診断力で誤診を覆しながら患者の命を救う姿を描く。

ADVERTISEMENT

 主演の浜辺は本作について「くすっと笑えるシーンが散りばめられていて、月曜の夜に観たくなると思いました。医療分野に対しても、ミステリーに対しても本格的に描かれていて、出演者のみなさまの個性やクセの強さと(演じるキャラクターの)相性が良くて、作品として(すでに)出来上がっている感覚がありました」と手応えを感じている様子。

 浜辺ふんする白夜を支えるジャーナリストの狩岡将貴役の柄本も「医療ドラマと銘打っていますが、ミステリーやロマンス的な部分が出てきて、いろんなジャンルを含んだ王道エンタメだと思いました」と自信を見せる。最初に台本を読んだときは「ドロッドロの濃厚豚骨スープみたい」と思ったことも明かし、「みなさんがやりにやられているので、役者さん一人一人を楽しめる作品でもあります」とアピールした。

ドクターホワイト

 この日は白夜の天才的診断能力にちなみ、自身が持つ能力を発表することに。浜辺は「(撮影の)中空きや食事休憩の時に、夜寝るかのようにがっつり落ちれることに長けています。横になってパッと落ちて、(時間が来たら)パッと起きられます」と話し、「パワーナップ睡眠と呼んでいます」と紹介した。これに「負けない自信があります」と豪語する柄本は、浜辺とともに撮影で使用するストレッチャーやベッドを見て「イケるな……」と就寝用に狙いを定めていることも打ち明けた。

ADVERTISEMENT

 すると、内科医・高森麻里亜役の瀧本が「美波ちゃんを(ストレッチャーで)運んでいるとき、大体寝ています」と暴露する。浜辺は「(カメラに)映らないとか、引きとかだと本気でいっちゃっている時があって、目を覚ますとシーンが終わっていたりする時があります。怖い怖い」とはにかんだ。

 さらに、皮膚科医・夏樹拓実役の勝地も能力を発表。自身が所属する事務所「フォスター・プラス」に新人が入所した際、社長から「この子、どう思う」と聞かれるそうで「売れると思いますよというのが大体当たる。北乃きいちゃんとか、(広瀬)アリスとか、(広瀬)すずとかも(当てた)」と告白。「発するオーラが全然違う。子役で共演した女の子で、すごく目につくわ……と思っていた子が後々売れていたりとか」とも語り、共演者を驚かせていた。(錦怜那)

ドラマ「ドクターホワイト」は1月17日よりスタート、毎週月曜よる10時よりカンテレ・フジテレビ系で放送(初回15分拡大)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT