ADVERTISEMENT

【ネタバレあり】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』終盤のあのセリフ、実はアドリブだった

役者のアドリブによって感動的なセリフが誕生! - 画像は『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』より
役者のアドリブによって感動的なセリフが誕生! - 画像は『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』より - (C) 2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

 トム・ホランド主演の『スパイダーマン』シリーズ完結編となる映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(全国公開中)。本作の終盤に登場するとあるセリフは、役者のアドリブによって誕生したものだという。(以下、映画の重大なネタバレを含みます)

【画像】新スーツ登場!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

 スパイダーマンの正体がピーター・パーカーだということが世間にバレた前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のその後を描く本作。ピーターがスパイダーマンであるという記憶を世界から消す忘却の呪文を唱えたドクター・ストレンジだが、その影響でマルチバース(いくつもの並行世界)の扉が開かれ、別次元から歴代ヴィランたちがピーターに襲いかかる。

ADVERTISEMENT

 アドリブで生まれたセリフとは、本作にサプライズ登場した『アメイジング・スパイダーマン』版ピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)が本編終盤で放った「(愛してる)I love you guys」。サム・ライミ監督版のピーター(トビー・マグワイア)と共に別次元からやってきたアンドリュー演じるピーターは、歴代ヴィラン相手に連携がイマイチなピーターたちが形勢を立て直す際、他二人(トムとトビー)に向かって「愛してる」という言葉を投げかける。

 Varietyのインタビューで『ノー・ウェイ・ホーム』でのスパイダーマン再演や撮影現場での様子を振り返ったアンドリューは、「アドリブで言ったセリフが一つあるんだ。僕がトビーとトムを見て、『愛してる』と伝えるところだよ」と告白。アンドリュー曰く、トビーとトムが大好きな彼の本心がそのまま言葉に出たのだという。

 『ノー・ウェイ・ホーム』の撮影には2週間だけ参加したというアンドリュー。スパイダーマン再演のオファーを受けること自体が予想外だったといい、「初めて三人がスーツ姿で揃った時はすごく面白かったよ」と同サイトで振り返っている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT