ADVERTISEMENT

ファンタビ第3弾、日本で『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』超え!実写映画で今年最高のヒット

日本での強さを証明した『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』
日本での強さを証明した『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 - (C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

 『ファンタビ』シリーズ第3弾にして、ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が5月15日(日)までに興行収入42億3,101万3,380円、観客動員数288万人を突破した。これにより『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(1月7日公開)が保持していた記録を破り、『ダンブルドアの秘密』が2022年に公開された洋邦含めた全実写映画のなかでナンバーワンのヒット作となった。(※5月16日時点)

【画像】コロナ禍で来日を果たした主演のエディ・レッドメイン

 『ハリー・ポッター』シリーズとのリンクも今までになく色濃くなった『ダンブルドアの秘密』は、4月8日に全国355館、895スクリーンで封切られるや幅広い層の観客を集め、週末3日間で興収10億を突破する大ヒットスタートを記録。コロナ禍以降、ハリウッド超大作のプロモーションでは初めてエディ・レッドメインジェシカ・ウィリアムズが来日を果たしたことも話題を呼び、リピーターも絶えずに記録を順調に伸ばし続けた。

ADVERTISEMENT

 全米を除くインターナショナルの興収でも、日本は『ハリー・ポッター』の地元イギリスをも抜いて世界のトップに躍り出ており、日本におけるハリー・ポッター魔法ワールドの強さを証明する形となっている。(編集部・市川遥)

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT