ADVERTISEMENT

山下智久「正直不動産」永瀬&月下コンビが最高!もう一組の爆笑トークも話題

第7話「過去の自分と今の自分」より
第7話「過去の自分と今の自分」より

 17日に放送された山下智久主演のNHKドラマ「正直不動産」(毎週火曜夜10時~)第7話では、山下演じる不動産会社勤務の主人公・永瀬財地が、後輩の月下(福原遥)に、かつて自身が“ライアー永瀬”となった理由を打ち明ける場面があり、一層深まりつつある二人の絆が反響を呼んでいる(※一部ネタバレあり)。

【写真】横顔も美しい山P

 本作は、大谷アキラ(漫画)、夏原武(原案)、水野光博(脚本)による同名漫画に基づく、不動産業界を舞台にしたコメディー。永瀬は、登坂不動産で嘘八百を並べて売り上げナンバーワンを誇っていたやり手営業マン。しかしある日、土地のたたりによって嘘をつけない体となり、人生が一変。“正直すぎる”営業マンとして数々のトラブルを巻き起こしながら成長していくさまが描かれている。

ADVERTISEMENT

 第7話「過去の自分と今の自分」では、登坂不動産の情報をライバル会社のミネルヴァ不動産に流していたスパイの正体が営業課長だったことが判明。退職した課長に代わって課長代理に抜擢された永瀬は事務作業に追われる一方、うそを連発していたころの契約者からクレームが続々と寄せられ、過去と向き合うことになる。

 見せ場となったのが、永瀬が月下に過去を語る場面。かつて危機を救ってくれた登坂の社長(草刈正雄)に触発され夢を抱いて不動産業界に入った永瀬が、なぜ手段を選ばない営業マンに変わったのか。永瀬いわく彼の家は貧しく、人のいい両親は友人の保証人になって借金を背負うことになり、自分はそんな両親のようになりたくなかったという。お金を稼いでタワマンに住んでいい車に乗っていい服を着る。そのためにまず永瀬が行ったのが、当時営業トップだった人物を完コピすること。服装や営業トークに始まり、永瀬が血のにじむような努力を重ねていたことが浮かび上がる。そうして成績を上げながらも、それでもトップになれなかった永瀬は、その人物との違いを考え抜いた挙げ句、あることに気づき実践。その結果、営業成績1位となった。

 信じがたいといった表情で「なぜ嘘をつくのをやめたのか」と問う月下に、「やめたわけではなく、つけなくなっただけ」と返す永瀬。月下はそれ以上聞き返すことなく、これまで不義理をしてきた客の対応に追われる永瀬をアシスト。これまで月下が自身が不動産業界に入ったきっかけとなる哀しい過去を永瀬に打ち明ける場面もあり、いつしか二人は心を許せる上司と部下に。教育係の永瀬のもとで右往左往していた新人の月下が、今や頼もしい後輩に成長した。一方、月下に素直に「ありがとう」と言えるようになった永瀬も人としての成長がうかがえ「永瀬&月下コンビ最高」「2人のシーン大好き」「月下と永瀬の距離感素敵」と二人の関係に癒やされた視聴者が続出している。

 ちなみに、注目を浴びたもう一組のコンビが、月下と愛すべき大河部長(シソンヌ長谷川忍)。喫茶店で月下が「そんな顔して意外と甘党だったんですね~」「わたし、てっきり社長のコバンザメだとばっかり」などと大河を無邪気にディスりまくる場面にも「月下ちゃんの毒舌笑える」「めちゃめちゃ笑った」と沸いていた。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT