ADVERTISEMENT

歩いて測量…『大河への道』地図制作の裏側がわかる本編映像が公開

日本地図の作り方…『大河への道』本編映像 » 動画の詳細

 中井貴一が主演する映画『大河への道』(公開中)より、日本地図作りの様子を収めた本編映像が公開された。

【動画】日本地図の作り方…『大河への道』本編映像

 立川志の輔の新作落語「大河への道ー伊能忠敬物語ー」を映画化した本作は、現代と200年前の江戸時代を舞台に、日本で最初の実測地図を作った伊能忠敬が主役の大河ドラマ制作の行方と、日本地図完成に隠された秘密を描く。中井、松山ケンイチ北川景子らが、それぞれの時代の登場人物を一人二役で演じる。

???

 公開本編映像には、伊能忠敬の亡き後、その志を受け継ぎ日本地図の完成に向けて尽力する伊能隊の様子が映し出されている。日本初となる地図「大日本沿海輿地全図」は、現行の日本地図と比較しても、その誤差わずか0.2%。衛星も何もない江戸時代に、地球1周分の距離を歩いて測量し、驚異の正確性を誇る地図を完成させた、伊能忠敬とその部下たちが成し遂げた偉業の一端を垣間見ることができる。(今井優)

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT