ADVERTISEMENT

今夜から!「六本木クラス」今後のカギを握るセリフ明らかに

「六本木クラス」より新(竹内涼真)と茂(香川照之)の初対面シーン
「六本木クラス」より新(竹内涼真)と茂(香川照之)の初対面シーン - (C)テレビ朝日

 今夜(7日)より放送スタートとなる竹内涼真主演のドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、毎週木曜夜9時~※初回10分拡大放送)で、今後の展開のカギとなるセリフが明らかになった。

踊り狂う平手友梨奈も!初回場面写真

 本作は、チョ・グァンジンのウェブ漫画「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」とパク・ソジュン主演による韓国ドラマ「梨泰院クラス」(2020・Netflix)を原作にした日韓共同プロジェクト。日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の跡取り息子・長屋龍河(早乙女太一)が引き起こしたある事件により絶望の淵に立たされた主人公・宮部新(竹内)が、龍河とその父で事件をもみ消した会長・長屋茂(香川照之)に罪を償わせるべく復讐を誓う。

ADVERTISEMENT

 物語は、新の高校時代からスタート。父(光石研)の仕事の都合で転校することになった新は、父の権力を振りかざしクラスメイトの桐野雄大(矢本悠馬)に執拗ないじめを繰り返す龍河を阻止するため、意を決してある行動に出る。新が茂と初対面するシーンでは、「それが信念で、父の教えなので」(新)、「土下座をして、謝りなさい」(茂)というやりとりが交わされ、ここから二人の戦いの火ぶたが切って落とされる。

 また、本作の見どころの一つでもあるラブストーリーも初回から動き出す。初々しさを感じさせる新と幼なじみで同級生の楠木優香(新木優子)が佇むシーンでは、優香が新に「好きになったらダメだからね」と告げる。そして、IQ162の人気インフルエンサー、麻宮葵(平手友梨奈)が放つ「……めんどくさい、全部」のセリフ。対照的な2人のヒロインが口にした言葉は、やがて新の存在によって大きな変化を遂げていくことになる。

 その他のキャストでは鈴鹿央士が龍河の異母弟・龍二、稲森いずみが長屋ホールディングス常務の相川京子、緒形直人が龍河の引き起こした事件を担当する刑事・松下博嗣、中尾明慶さとうほなみが新の営む「二代目みやべ」のスタッフ、近藤公園が茂の秘書・桜木幸雄、田中道子が新や優香の行きつけのダイニングバーの店主・理沙ガルシアを演じる。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT