ADVERTISEMENT

『嘘八百』第3弾の続投&新キャスト17名一挙発表!

個性派な面々!
個性派な面々! - (C) 2023「嘘八百 なにわ夢の陣」製作委員会

 中井貴一佐々木蔵之介がW主演を務める『嘘八百』シリーズの第3弾『嘘八百 なにわ夢の陣』(2023年1月公開)より、続投するキャストと新キャスト17名が一挙に発表された。

【画像】名コンビの中井貴一&佐々木蔵之介

 2018年に第1弾『嘘八百』が公開され、2020年に公開された第2弾『嘘八百 京町ロワイヤル』は広末涼子がヒロインを務めた。前作、前前作に続き武正晴が監督、今井雅子足立紳が脚本を手掛ける。第3弾は、大阪を舞台に、詐欺師まがいの古美術商・小池則夫と、うだつの上がらない陶芸家・野田佐輔のコンビが、かつて豊臣秀吉の出世を後押ししたと言われる七つの縁起物「秀吉七品(しちしな)」をめぐり、抱腹絶倒の騙し合いが繰り広げられる。すでに、中井と佐々木の続投と、安田章大関ジャニ∞)が、孤高の“波動アーティスト”TAIKOH役で出演することが発表されている。

ADVERTISEMENT

 今回続投が発表になったのは、佐々木演じる佐輔の妻・野田康子役の友近、中井演じる則夫の娘・大原いまり役の森川葵、佐輔の息子・野田誠治役の前野朋哉、則夫と佐輔に協力する材木屋役の宇野祥平、神出鬼没な学芸員・田中四郎役の塚地武雅、則夫の旧友テレビ番組プロデューサー・青山一郎役の吹越満、文化庁役人・後醍醐役の桂雀々、番頭役の山田雅人、かつて則夫と佐輔の敵だった骨董屋「樋渡開花堂」社長役の芦屋小雁

 そして、新キャストには安田演じるカリスマ波動アーティストTIKOHの財団を仕切る謎の美女役に中村ゆり、表具屋初代よっちゃん(坂田利夫)の息子・2代目よっちゃん役に酒井敏也、「土竜」のマスター役に土平ドンペイ、「大坂秀吉博」実行委員長役に松尾諭、TAIKOHの熱心なファン・恵美子役に高田聖子、紙芝居屋役に麿赤兒、「大坂秀吉博」実行委員会の顧問・雑賀万博役に升毅、秀吉研究の第一人者・小出盛夫役に笹野高史がふんする。(今井優)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT