ADVERTISEMENT

川村壱馬『ハイロー』中本悠太&三山凌輝は「悪いところが見つからない」

まぶしすぎる川村壱馬
まぶしすぎる川村壱馬 - 撮影:興梠真穂

 川村壱馬THE RAMPAGE)が、映画『HiGH&LOW THE WORST X(クロス)』(公開中)で共演した 中本悠太NCT 127YUTA)と、三山凌輝BE:FIRSTRYOKI)について、「どこを探しても悪いところが見つからない」と魅力を語った。

川村壱馬、共演秘話語る『HiGH&LOW THE WORST X』インタビュー【動画】

 本作は、『HiGH&LOW』シリーズと高橋ヒロシ(「高」ははしごだか)の人気コミック「クローズ」「WORST」がクロスオーバーした映画『HiGH&LOW THE WORST』(2019)の続編。花岡楓士雄(川村)がトップに立つ鬼邪高の前に、エンジ色の学ランを着た“血の門”と呼ばれる瀬ノ門工業高校が立ちはだかる。

ADVERTISEMENT

 瀬ノ門最強の男・須嵜亮を演じる中本と、瀬ノ門を束ねる最悪の男・天下井公平を演じる三山。本作のキーパーソンを担った2人はそれぞれ人気グループのメンバーとして大活躍。川村は「共演する前は、お二人ともそこまで存じ上げなかったんです。僕は正直、結構疎くて(笑)。さすがにグループ名は知っていたんですが、活動っていうものを実際に目にしたことがない状態でした。でも、だからこそ人として俳優として、まったくフィルターなしに接しさせてもらったので、より早く打ち解けることができた」と振り返る。

 「今回のキャストの方のなかで、アクション練習で最初に会ったのが悠太くんです。練習で初めて会った瞬間から『この方は本気で来てくださっている』というのをすごくひしひしと感じました。スケジュールなどが難しいなか、本人がめちゃくちゃ『出たい』と言ってくださっていると聞いていたんです。嬉しくなりましたし、僕も気が引き締まる気持ちでした」と中本の本気度に大きな刺激を受けた。

06
美しい斜め45度 - 撮影:興梠真穂

 また、天下井役の三山とは撮影前に話す機会があまりなかったそうで、「新キャストの方には積極的に話かけていましたが、凌輝は瀬ノ門のトップの天下井という役で、悪役の中心核。役のつくり方は人それぞれあるので、普段からフラットに話していい子なのかな? とか、凌輝だけは結構探ってた部分はありました」と明かす。

ADVERTISEMENT

 いざ撮影現場で会うと、「もう隙あらば、ワンちゃんみたいにキャンキャンきてくれて(笑)。普通の時はフラットに接していい子なんだってなって。そこから普通に仲良くさせてもらいました」と三山の人懐っこさを思い出して笑みを浮かべ、「どこを探しても悪いところが見つからない。悠太くんもそうです」と2人を絶賛する。

 また、本作には、川村が所属する THE RAMPAGE のメンバー、吉野北人鈴木昂秀、そして新キャストとして藤原樹長谷川慎が出演。彼らとの共演について「特に、陣さんにはずっと『芝居やったほうがいいですよ』『芝居やったほうがいいんじゃないですか?』と言っていた。やってほしいと思っていたので」とメンバーをよく見ているからこそ感じていたそうで、「今回、それが叶って嬉しかったです」と感慨深げ。

 陣は、江罵羅商工業高校“武闘の三大神”の一人である風見仁(通称:風神)を好演。川村は、「役になりきって、すごいさまになっている。本当に役を生きているという感じでした。陣さん自体がすごく需要のあるキャラクターを持っていると思うので、いろいろな作品に出てほしいです。輝ける場所がものすごく膨大にあると思う」と可能性を秘める陣の今後の活躍に期待を寄せていた。(編集部・梅山富美子)

川村壱馬、三山凌輝は◯◯ちゃんみたい!?共演秘話『HiGH&LOW THE WORST X』インタビュー » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT