ADVERTISEMENT

Sexy Zone・菊池風磨、深刻な人見知りを告白

自分とは真逆のキャラクターを演じた菊池風磨
自分とは真逆のキャラクターを演じた菊池風磨

 アイドルグループ・Sexy Zone菊池風磨が12日、東京・ニッショーホールで行われた映画『もっと超越した所へ。』(10月14日公開)の完成報告試写会に出席し、かなりの人見知りであることを明かすと共に、自身が演じた役柄が一番のダメ男に選ばれたことに「やり切れて良かった」と充実感をにじませた。イベントには前田敦子伊藤万理華オカモトレイジ三浦貴大趣里千葉雄大、原作・脚本を担当した根本宗子山岸聖太監督も登壇した。

菊池風磨・前田敦子らが華やかに登場【イベント写真】

 本作は、劇団「月刊 根本宗子」で上演され話題となった舞台を、根本自らが大胆なアレンジを加え脚本を執筆した劇映画。ダメ男と、それに引き寄せられていく女性の恋愛模様が、コミカルかつ痛快に描かれる。

ADVERTISEMENT
ランウェイを歩いて登場した前田敦子、菊池風磨

 菊池が演じたのは、前田ふんするデザイナー・真知子の彼氏である、やっかい系ヒモストリーマー・怜人。司会者から役の紹介で“ダメ男ぶり”を強調されると、菊池は「頭からこんなにボロカスに言われるとは思わなかったです」と苦笑するが「でも僕自身、相当なクズ男だなと思いました。自分とは全く性格が逆なので、演じられるかなと心配でした」とオファーを受けたときの感想を述べる。

 役を演じられるか……という不安のほかに、もう一つ菊池が心配だったのが、前田をはじめとする共演者とのコミュニケーション。前田が「風磨くんがとても人見知りで……。久しぶりに会うと距離感がゼロに戻ってしまうぐらい」と苦笑いを浮かべると、菊池も「そうなんです。ゼロどころかマイナスになっちゃうんです」と明るいイメージの菊池からは意外な発言が。

 菊池自身も人見知りを直したいようで、作品にちなんで「超越したいと思っていること」について聞かれると「人見知りを超越したい」と即答。本作の撮影期間は短かったようで「あまり長くご一緒できない現場だと、人見知りのまま終わっちゃうんです」と悩みを打ち明けると「でも皆さんが思っている以上に、皆さんのこと好きなんですよ」と強調した。

ADVERTISEMENT

 不安がいっぱいのクランクインだったというが、劇中ではダメ男を好演。試写を観た人のアンケートで、菊池演じる怜人が「もっともダメ男」という評価だったことを聞くと「なんにせよ、1位というのはいいことです」と笑顔。アンケート結果のなかには「チャラすぎる」「最初から最後までなんだこいつって感じ」「考え方が未熟」「顔がいいだけ」という辛辣なコメントがあったことを告げられると、菊池は「『顔がいいだけ』っていうのはちょっと嬉しいですね」と前向きに捉えていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT