ADVERTISEMENT

岡田准一、V6時代を懐かしむ “健”の文字入りグッズに反応

“健”の文字でV6時代を思い出した岡田准一
“健”の文字でV6時代を思い出した岡田准一

 俳優の岡田准一が17日、丸の内TOEIで行われた主演映画『ヘルドッグス』の公開記念舞台あいさつに坂口健太郎と出席。客席のファンが持つ「健」の文字が書かれたグッズを見つけると、昨年11月に解散したアイドルグループ「V6」時代を懐かしんだ。

【画像】仲良し!V6のメンバー

 本作は、警察小説の概念を破壊した深町秋生の問題作「ヘルドッグス 地獄の犬たち」をベースに、『燃えよ剣』などの原田眞人監督が映画化。トラウマを抱え、正義感も感情も捨てた元警官の兼高(岡田)が、関東最大のヤクザ組織に潜入捜査し、ある事実を暴こうとする姿が描かれる。

ADVERTISEMENT

 会場に登場した岡田は、「ここの場所に立つのは懐かしい。変わらず映画ができている幸せと、(ファンが)『岡田』とか紙(ファングッズ)を持ってくださっている喜びとともに、『健』と書いてあるのはちょっと懐かしい感じがします。個人的には……」と、元V6メンバー・三宅健を思わせる発言で笑いを誘う。そして、「坂口くんね」と確認しつつも、「違う健を知っているので。あの頃の景色を思い出しながら、この場所にいる喜びを感じています」とグループ時代を振り返るとともに、役者として活躍している今に幸せを感じている様子を見せた。

 この日は、松岡茉優MIYAVI、原田監督も来場し、楽しく撮影エピソードを紹介。岡田は、松岡演じる極道の女・恵美裏に飛びつかれるシーンについて、「ドギマギしますよね。割とおじさんたちとしか共演していないので」と恋愛作品への出演がほとんどないことを明かし、松岡が「いろいろ試されながらグイグイ来ていただけて、うれしい反面、緊張したのを覚えています」と吐露。しかし、松岡は「人間に飛びついた感じではなくて大木。揺るがない屋久島の屋久杉のような……。『キュン』というよりは、『おぉ…』と思ったのを覚えています」と打ち明ける。岡田が「キュンなかったですか?」と尋ねると、松岡は「キュンはお芝居で乗っけました」と話し、岡田を残念がらせていた。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT