ADVERTISEMENT

最高純度の優しさ…『金の国 水の国』歌姫の声が響く本予告公開

映画『金の国 水の国』本予告 2023年1月27日(金)公開 » 動画の詳細

 岩本ナオの同名コミックをアニメーションスタジオ・マッドハウスがアニメ映画化した『金の国 水の国』(1月27日公開)より、本予告が公開された。あわせて、テーマ曲アーティストに新時代の歌姫として知られる琴音が決定した。

【動画】『金の国 水の国』本予告

 本作は、商業国家で水以外なんでも手に入る金の国のおっとり王女サーラと、豊かな水と緑に恵まれるが貧困で滅亡しそうな水の国の貧しい建築士ナランバヤルが、ひょんなことから“偽りの夫婦”を演じるうち、恋に落ちてしまう物語。100年断絶している敵国同士の2人の不器用で優しい嘘が、国の未来をも変えていくことになる。監督は本作が長編劇場作品デビューとなる渡邉こと乃が務める。賀来賢人がナランバヤル役、浜辺美波がサーラ役の声を担当するほか、神谷浩史沢城みゆき木村昴戸田恵子茶風林てらそままさき銀河万丈らが参加する。

ADVERTISEMENT
???
テーマ曲アーティストの琴音。

 公開された映像には、商業国家で水以外なんでも手に入る金の国と、豊かな水と緑に恵まれるが貧しい水の国という2つの国の壮大な景色が映し出される。さらに、テーマ曲(劇中歌)アーティストの琴音が歌う「Brand New World」が優しく響き渡り、美しい映像をよりエモーショナルに盛り上げる。本作について、琴音は「聡明なナランバヤルと大らかなサーラが紡ぐ時間は愛にあふれていて、私自身どこかナレーターになったような気持ちで歌っていました。時に甘酸っぱい癒やしとなり、時に力強い勇気となって見る人を包み込んでくれる物語です。ぜひ劇場でそのパワーを体感してください」とコメントした。

 音楽を担当したエバン・コールは「歌声を聴いた瞬間、『この声だ!』と思ったのが琴音さんでしたし、監督やプロデューサーの意見もまったく同じで満場一致のオファーでした」と絶賛した。(今井優)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT