ADVERTISEMENT

宮崎あおい、歌って踊れる「音楽センス」を熱望

宮崎あおい
宮崎あおい

 宮崎あおいが24日、都内で行われたアニメーション映画『かがみの孤城』(12月23日公開)のプレミアイベントに登壇。物語の設定にちなみ「一つだけ願いを叶えられるとしたら?」と質問が飛ぶと、「抜群の音楽センスが欲しい」と熱望した。この日は、當真あみ北村匠海吉柳咲良板垣李光人横溝菜帆梶裕貴原恵一監督も来場した(宮崎あおいの「崎」は「たつさき」が正式表記)。

【画像】宮崎あおいが声を担当する喜多嶋先生

 本作は、直木賞作家・辻村深月による累計発行部数160万部を突破した本屋大賞受賞作を劇場アニメ化。学校に居場所を見つけられない少女・こころ(當真)は、鏡の中の不思議な世界に迷い込み、6人の中学生たちと出会う。そして、「城に隠された鍵を見つけたらどんな願いでもかなえる」と告げるオオカミさま(芦田愛菜)の言葉に従い、鍵探しをはじめる。

ADVERTISEMENT

 こころを見守るフリースクールの喜多嶋先生役の宮崎は、「梶さんと同じ85年生まれなんですが、今日は若いキャストの方がとても多いので、お母さんのような気持ちで参加させていただいております」とはにかみ。若手キャストがトークを繰り広げると、梶も「どこか父親みたいな、『みんな頑張れ』『いいお話だぞ』と思いながら聞き入ってしまいました」と柔らかい表情をのぞかせた。

 物語の設定にちなみ、「一つだけ願いを叶えられるとしたら?」と質問が飛ぶと、宮崎は「抜群の音楽センスが欲しいです。どんな楽器でも弾けて、どのお歌でも歌えて、プラス踊れちゃうみたいな。人生楽しそうだな。音楽にのってるのって幸せそうだなと思うので、欲しいと思います」と熱望。現在は「ゼロに等しい」そうで、「ぜひレベルアップしていきたいなと思います」と力を込めた。

 アフレコも振り返る宮崎は、「以前ご一緒させていただいたときも今回も、的確に道を照らしてくれて、違っていれば直してくれて、『それでいいんだよ』と背中を支えてくださる方なので、今回も監督の迷いのなさに支えられて、楽しくお仕事をさせていただきました」と原監督に感謝。

 これまでに原監督の作品『カラフル』(2010)、『はじまりのみち』(2013)で声優やナレーションを担当している宮崎からの言葉に、原監督は「光栄です」と感激の面持ちを見せる。一方、『カラフル』では「収録時間を半日くらい予定していたんですけど、2時間くらいで終わっちゃったんですよ。文句の付けどころがないというか、修正を伝えればすぐに対応してくれて。今回も理解度が高いし、微妙な調整もすぐしてくれるので、予定よりずいぶん早く終わって」とその手腕を褒めつつも、「敗北感みたいなのを感じる」と本音を吐露して会場の笑いを誘った。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT