ADVERTISEMENT

『アバター2』推奨される鑑賞環境は?監督オススメはこの二つ

映画館で観ることが大前提! - 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』より
映画館で観ることが大前提! - 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』より - (C) 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(公開中)のジェームズ・キャメロン監督が来日時にインタビューに応じ、本作をどこで観るべきなのかを熱く語った。

【画像】水の表現がすごい!『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』

 3D鑑賞を定着させることになった『アバター』(2009)で映像革命を起こしたキャメロン監督は、舞台を森から海へと移した続編『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』でさらなる高みに挑んでいる。3D、4K、HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ=より広い明るさの幅を表現できる技術)、HFR(ハイ・フレーム・レート=標準の2倍のレートで撮影・映写することで、肉眼で実際に見る光景をより忠実に再現できる技術)を採用し、映画体験を一層強化しているのだ。

ADVERTISEMENT

 それだけにキャメロン監督は「この映画を観るベストな方法は、第1に劇場で」と言い切る。「DVDや配信になるのを待たないでほしい。この映画は映画館での鑑賞を想定して作ったものであり、本作で映し出されるものは単純なイメージではなく、複雑なデザインや世界だ。映画館の大スクリーンで観てすら、何かを見逃している感じになると思う。すでに『もう1度観たい』という声を多くもらっていて、それは、ある魚がとても興味深くてずっと観ていたいが、そうしたらストーリーも進んでいて……という理由でね。だから、映画館の大スクリーンで観ていただくことが大前提だ」

 「次に、もし3Dが好きなら、間違いなく3Dで観てほしい。もし3Dが好きでないのなら、2Dで観て。それでも問題ない。それは消費者が選択することだ。3Dは好きじゃないから配信まで待つというのではなく、それでも大スクリーンで観てほしい。僕たちは(ワイドスクリーンの)シネマスコープのアスペクト比の映像を作り上げるために長い時間をかけ、構成のバランスを取った。だから映像は、2Dでも3Dでもいいようにデザインされているんだ」

ジェームズ・キャメロン
来日したジェームズ・キャメロン監督

 本作は通常上映に加え、ドルビーアトモス(多次元サウンドを体験できる空間オーディオテクノロジー)、ドルビーシネマ(ドルビーアトモス、HDR映像を実現する光学・映像処理技術を採用したドルビービジョン・プロジェクションシステム、そしてシアターデザインが一体となることで、鮮やかでリアルな映像&サウンドを体験できる劇場)、IMAX、4DX、ScreenX(正面のスクリーンに加え両側面にも映像が投影され、270度の視界全てで映画を鑑賞できる上映システム)、4DX Screen(4DXとScreenXが融合した体験型シアター)というバージョンでも上映されるが(※さらにそれぞれにフレームレート、解像度、サイズ、オーディオ等の違いもある)、キャメロン監督のイチオシは?

ADVERTISEMENT

 「僕が一番好きな鑑賞環境を言うならば、ドルビービジョンかIMAXレーザーだ。IMAXシアターにはレーザープロジェクターでないところもあるが、レーザーなのがポイントだ。そしてドルビービジョンは全てレーザーだ。レーザー光源だと映像が明るい。3Dの問題というのは、時にちょっと暗くなってしまうということだ。だから、僕ならその二つを選ぶ」と明かした。

 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』で技術的な極致に達したかに見えるが、キャメロン監督は早くも先を見据えている。「今後進化させていきたいものは、もちろんたくさんある。映像をより良くすることはできないと思うが。すでに僕たちが必要なだけのクオリティーに達していると信じている。ただプロセスに関しては、スピードアップできる。より簡単に、あまり高額にならないように──そう、この映画はものすごい製作費がかかっている。そうすれば、マーベルや『スター・ウォーズ』がやっているようなスピンオフやユニバース化もできるかもしれない。まあ、あれほどのスケールには追い付けないし、そうしたいとも思っていないが。だが、スピンオフや違う物語を進められたらいいなとは思う。だが、そうするには現在のやり方を変えないといけない。より短期間でできるようにし、関わる人間も減らさなくては。そうするために、AIやディープラーニングを使わないといけない。それが今、僕たちが取り組んでいることだ」(編集部・市川遥)

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT