『ザ・ビーチ』特集 第一弾

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
←『ザ・ビーチ』のキーワードビーチ』狂騒曲

『ザ・ビーチ』が全米で公開される2000年2月11日までの間、『ザ・ビーチ』とレオナルド・ディカプリオをめぐる様々な出来事をクランク・インまでさかのぼって追ってみた。
1999年1月


(C)2000 TWENTIETH CENTURY FOX.


(C)2000 TWENTIETH CENTURY FOX.

(C)2000 TWENTIETH CENTURY FOX.
(C)2000 TWENTIETH CENTURY FOX.
 99年1月なかば、レオナルド・ディカプリオはタイの地を踏んだ。 それは97年空前の大ヒット『タイタニック』、98年『仮面の男』以来, 約1年の休養宣言をしての後、数多くのオファーを受けながらも彼が選び抜いた作品『ザ・ビーチ』へのクランクインの為だった。製作チームはオーストラリアを含む、世界中のビーチをロケ地として視察するが、ここタイのピピ・レ島がロケ地に一番ふさわしいと判断。この時点で休暇中に増え過ぎたディカプリオの体重が、まだ監督の要求するウエイトまで戻っていないことが判明。彼はこの後2週間、ダイエットに励むことになる。
1月31日まで、ピピ・レ島での撮影が行われる。
1999年2月
 タイの環境保護団体がピピ島へ視察に訪れる。ロケ地でもあるピピ・レ島の森林を不当に伐採したとの疑惑で製作会社でもある20世紀フォックスが訴えられる。しかし、視察団は問題なしと判断。撮影は続行される。
(ピピ島:プーケットから、さらに東に2時間船で移動。ピピ・レ島は無人島である。「ザ・ビーチ製作チーム」ならびにレオを含むキャストはプーケットに宿をとり、毎日撮影のため1時間、船に乗り、この場所へ通 う。)
  撮影は、カオ・サイナショナル公園からタイのクラビという小さな街をバンコクのカオサン・ロードと見立てて行われた。タイ人のエキストラがインターネットなどを通 じて募集される。撮影中、ディカプリオを盗み撮りしてクビになったエキストラが多い。
「ザ・ビーチ製作チーム」が出した、エキストラに対するお触れ書き。 1.セットの上でお酒をのまないこと2.何も盗まないこと3.レオナルドと話しをしようとしないこと4.写 真を撮らないこと5.できることなら、なるべくレオナルドを見ようとしないこと…実話である。
1999年3月

 撮影も大詰めをむかえる。ロケ地は屋外からスタジオへ移る。この時期、ディカプリオの家族(母親、祖母)や恋人がタイへ訪れる。ディカプリオファンが部屋に侵入、トップレスなるという事件やディカプリオが、くらげに刺されるという事件が日本でも報じられる。時折、ピピ島から遠くはなれた町中で、ピピ島の環境保護を訴えるデモが行われたりと、タイでは日夜ビーチ狂想曲が繰り広げられる。

1999年4月
 ダフィ役のロバート・カーライルが現地入りする。アンダマン海での撮影中、高波にボートが転覆し、機材とディカプリオを含むキャストが海に放り出される。ボートの転覆→タイタニック、をイメージさせたのか、このニュースは大きく報じられる。
  撮影を終えて帰国しようとするディカプリオにパパラッチが群がり、制止しようとしたボディ・ガードに暴行容疑がかかる。ディカプリオ・サイドは、一連のパパラッチ事件に抗議。公式声明を出す。
1999年5月
 20世紀フォックスは『ザ・ビーチ』のタイでの撮影は終了したことを正式に発表。 又、この時点での、映画のリリースは今のところ確定されていないことと、クリスマスのリリースも不確定と発表。今後、『ザ・ビーチ』の製作はイギリスでのフィルム編集に入る。 タイでの『ザ・ビーチ』狂想曲は終わりを告げた。 5/12レオナルド・ディカプリオ公式ホームページにて、
(http://www.leonardodicaprio.com)一般に向け世界初の『ザ・ビーチ』トレーラーが公開される。 その後、5月19日のスターウォーズ・エピソード1の劇場公開時に同トレーラーが流される。
1999年8月
 『ザ・ビーチ』アフレコと一部リテイクの為、ディカプリオその他のキャストはロンドンに滞在する。 一部取り直しはテスト試写を観た一般客の感想に、主人公リチャードが嫌なヤツとして受け入れられず、共感されるキャラクターに仕上げる為と言われている。又、このリテイク時にラストシーンにあらたな場面 が付け加えられた。
1999年12月
 エンターテイメント・トゥナイトにレオナルドディカプリオと『ザ・ビーチ』のプロデューサーであるアンドリューマクドナルドが出演し、撮影当初から言われ続けている、ピピ島の環境を破壊したとの報道についての誤解と、フォックスが、撮影以前から島に残留したあったゴミを3トンとり除き、撮影が終わったあとに、ピピ島は以前にもまして美しい島になっていることを語る。
1999年1月
 ディカプリオ沈黙をやぶり、『ザ・ビーチ』のプロモーションの為に各マスコミ取材を受けはじめる。 1月14日ハワイ、マウイ島で、4日間の『ザ・ビーチ』プレス試写が行われる。 リッツ・カールトンホテルに滞在するディカプリオ取材するために各国のマスコミ100人以上が押し寄せた。
日本でも1月31日プレス試写が行われる。
2000年2月
 『ザ・ビーチ』のプレミア各地で行われる。
2月2日 ワールドプレミアのLA/マンズチャイニーズシアター
2月6日 NYプレミア
2月9日 イギリス、ロンドンでのプレミア が行われる。ロンドンでのプレミアには熱狂的なファンが3000人殺到し、ディカプリオの名前を呼び、歓声をあげた。
2月9日~2月20日に開かれる第50回ベルリン国際映画祭に『ザ・ビーチ』が 招待作品として公開される。
2月11日 全米約2000館でビーチが公開される。R指定(18歳未満入場禁止)ではあったが『スクリーム3』につぐ第2位 の興行成績。(翌週7位)ダニー・ボイル、アレックス・ガーランドのお膝元イギリスでは1位 の興行成績である。
日本での公開は4月ゴールデンウィークが予定されている。
 
 
『ザ・ビーチ』大特集 第二弾へ続く。
●『ザ・ビーチ』製作スタッフとキャストの素顔
●ディカプリオIN タイ
 
 
[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]