シネマトゥデイ

話題のイケメン韓国映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
 
上映時間: 1時間40分 配給: インタラクティブメディアミックス 3月19日より新宿武蔵野館にて公開
監督: キム・デスン  キャスト: イ・ビョンホン/イ・ウンジュ/ヨ・ヒョンス
 イ・ビョンホンお気に入りの一本

 『JSA』の大ヒットによって、人気と実力を兼ね備えた俳優として認知されたイ・ビョンホン。今では韓流トップスターとして、日本でも大人気の彼自身が好きな作品として挙げているのが本作だ。

 青年の初々しさと、大人の男の色香の両方を持つ男

 彼は映画の前半では『誰にでも秘密がある』で演じたプレイボーイ役とは正反対の、好きな人になかなか思いを伝えられないシャイで不器用な青年を好演。まるで子犬のように好きな女性の側をぐるぐる回る姿がいじましい! そして後半では高校教師として、良き家庭人として、落ち着いた大人の男の色気をたっぷり見せてくれる。だが彼の心は17年間変わらず、かつて失った恋人が再び姿を現わすのを待ち続けていたのだ……。

 イ・ウンジュの清楚な魅力も光る

 共演は『ブラザーフッド』のイ・ウンジュ。なかなか煮え切らない男を優しくリードする、賢く清楚な恋人役は、どこか古風な顔だちの彼女にぴったりだ。先日の彼女の悲報は、今後女優としての彼女の長期間に渡る活躍を期待していた映画人や観客にとって、大きなショックであった。

 韓国純愛映画の最高傑作

 赤い糸で結ばれた運命の恋人たちがたどる悲劇的な運命とその後を描いた傑作は、観客の心を奪い涙を搾りとるに違いない。その一途なまでの純粋な愛を生涯かけて貫く彼らの姿に、感動を覚えるとともに軽い嫉妬を覚える。『僕の彼女を紹介します』や『永遠の片想い』(こちらもイ・ウンジュ出演)など、韓国純愛映画は多いが、そのひねりの効いたドラマの展開からも、イ・ビョンホンの本当の意味での演技への開眼という点から見ても、今のところこの『バンジ-ジャンプする』にかなう作品はないと言ってもいいだろう。(文・平野敦子)

 

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]