やっぱりイケメンに愛されたい!王道少女マンガドリームで胸キュン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 高学歴・高収入・高身長、そんな三高イケメンに愛されたい。現実ではありえないってわかっているけど、やっぱり少女マンガの王道みたいな恋がしてみたい……という女子の夢を叶える少女マンガを忠実に再現した実写映画版も続々ヒットし、少女マンガの実写化は近年のトレンドになっています。

 そんな少女マンガの実写化作品の中から、王道中の王道! 胸キュン中の胸キュン! 最強の映画を見つけちゃいました。それが高台家の人々。主人公は地味で平凡なOL、運命の相手は青い瞳の御曹司。ときめく恋のはじまり、はじまり~!(編集部・小山美咲)

少女マンガの定番全部盛り!愛さずにいられない二人の王道ラブ

 さえないOL・木絵の勤めるオフィスに、ある日、イケメンでエリートの光正が転勤してきます。少女マンガのド定番である“さえない私”“イケメンの彼”“突然の出会い”にさっそくハートがキュン。そしてもちろん、光正は木絵に興味を持っちゃいます……。ここで二人のスペックをチェック!

<木絵>

・ルックスは平凡 地味メイク おかっぱヘアー

・ごくごく普通のOLで奇想天外な妄想が趣味

・普通にやさしい 普通にいい子 とことん普通

<光正>

・青い瞳のクオーター 高身長 誰もが振り返るルックス

・東大卒のエリート 実家は超名門=金持ち

・穏やかな性格 誠実で頼もしい

 こんな二人が恋に落ちる!?……木絵の、この誰にでも好かれる“平凡ヒロイン設定”がポイントなのです。光正もこれだけのハイスペックでありながら、恋愛に関してはやや不器用で経験値は低め。そんな超・優良物件に愛されちゃう木絵は、正真正銘! 少女マンガのヒロインです。

胸キュンシーンがとにかくいっぱい

 壁ドンや床ドン、少女マンガには定番の彼氏にされたら胸キュンしちゃうアクション! 光正様もやってくれます! しかも大人で育ちの良さも加わり、木絵にはとことん紳士的。○○ドンなんて野蛮(?)なまねは決してしない、常にやわらかい笑みを浮かべて木絵を見つめる光正。雨に濡れれば自分自身はそっちのけで木絵をハンカチでやさしくポンポン拭いてくれる光正。肉食美女にもまどわされず木絵だけを見る光正。そのジェントルマンっぷりにドキドキが止まりません。

たまに見せる大胆さにもっとドッキドキ!

 そんな光正にも、晴れた日に二人で芝生に寝転んだまま向き合って愛の告白なんていう天然で大胆な一面が。こんな風に思いを伝えられたら、その気がなくても心が動かされちゃいます。さらに、お付き合いが始まるとさっそく家族を紹介してくれる、別の意味でも大胆な光正ですが、木絵との関係をそれだけ本気で考えているという証拠。女子はいつも将来を気にするものですからね。木絵が弱っているところでの抱きしめプロポーズは、まさに失神もの!

ありのままの姿を受け入れてくれちゃう

 二人の恋を彩るスパイスが、光正のテレパシー能力。実は光正は人の心の中が読み取れるのです。だからなんと、木絵の考えていることは光正に筒抜け! 話が違うよと思っている方に訴えたい。恋する二人に大切なのは、心と心がつながっていること! 木絵のクスッと笑えちゃうような妄想だらけの心の中を光正がのぞき見るところはコメディー要素たっぷりの重要なシーンですが、ここで注目したいのはそんな木絵を光正がそのまま受け入れてくれるという点。心をすべて読んでもなお、愛してくれるなんて……感涙ものです。

そして待ち受ける試練…

 一見して釣り合わない二人の恋には、試練が付きもの。木絵と光正の前にも、光正の“お母様”という最強で最恐の壁が立ちはだかります。これぞ少女マンガの王道的展開。二人はこの試練を乗り越えられるのか……やっぱり王道エンディングを期待しちゃいましょう!

「ごくせん」「デカワンコ」作者の人気マンガ!綾瀬はるか&斎藤工が原作そのまま

 原作は、「ごくせん」「デカワンコ」などで知られる森本梢子の人気マンガです。地味で妄想癖のあるヒロイン・木絵を綾瀬はるか、木絵のさえない日々に突如現れる王子様・光正を斎藤工が演じました。美形だけど、どこか親しみやすい雰囲気の二人はイメージぴったり! 平凡な木絵と名家・高台家の長男にして東大卒のエリートである光正。接点などないはずの二人は順調に距離を縮めていくものの、光正はテレパシー能力の持ち主で……。この恋はどんな結末を迎える?

映画『高台家の人々』ブルーレイ&DVDは12月21日発売 ブルーレイ スペシャル・エディション:6,700円+税 DVD スペシャル・エディション:5,800円+税 DVD スタンダード・エディション:3,800+税

発売元:フジテレビジョン 販売元:ポニーキャニオン

公式サイト

(C) 2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C) 森本梢子/集英社

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]