結局、エイリアンって何ものだっけ?~『エイリアン』から『コヴェナント』への道~

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エイリアン
戦うヒロイン"、僕らのリプリー!『エイリアン2』より Twentieth Century-Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティイメージズ

 今、『エイリアン』の新たな神話が生まれつつある。シリーズ第1作目は、たった一人でエイリアンに立ち向かう"戦うヒロイン"、リプリーを生み出した名作。エイリアンが胸を突き破って出現するシーンは今見ても鮮烈だ。その第1作目の監督リドリー・スコットが自ら監督し、第1作の魅力はそのままに、その"前"を描くのが『エイリアン:コヴェナント』。『エイリアン』の監督は、本作でいったいどんな新たな物語を描くのか!? そして結局、エイリアンって何ものなのか? 第1作目の『エイリアン』から『エイリアン:コヴェナント』まで振り返ってみる。(平沢薫)

[PR]

1:時間軸はどうだっけ?~『エイリアン:コヴェナント』は第1作『エイリアン』の前の出来事~

エイリアン
新戦うヒロイン誕生!『エイリアン:コヴェナント』のダニエルズ (C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 2017年8月時点での『エイリアン』シリーズのタイムラインは下の図の通り。『エイリアン』第1作から第4作まではヒロインのリプリーを主人公にした連続する物語。そこから別のタイムライン『エイリアンVS. プレデター』シリーズが派生した。

 しかし今、シリーズ第1作『エイリアン』のリドリー・スコット監督は、第1作の"前"を描く『プロメテウス』『エイリアン:コヴェナント』を監督し、新たなエイリアン・サーガを構築しつつある。主人公はリプリーではなく、『エイリアンVS. プレデター』で描かれたエイリアンの歴史も踏襲しない、新たな物語が描かれていく。監督はこの新たなサーガをあと1、2作製作したいと発言している。 『エイリアン:コヴェナント』はその新たなエイリアン・サーガ中の重要作。第1作『エイリアン』の18年前の出来事が描かれる。

『エイリアン』シリーズのタイムライン
『エイリアン』シリーズのタイムライン

2:エイリアンの謎はどうだっけ?~『プロメテウス』でココまで分かった!~

(注意:『プロメテウス』のネタバレあり)

『プロメテウス』
『プロメテウス』の冒頭に出てくる白すぎる謎のマッチョ。創造主なのか?Twentieth Century-Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティイメージズ

 新たなサーガは、第1作『エイリアン』に直結する物語。なので、第1作に登場した謎が少しずつ解明されていく。前作『プロメテウス』でも、エイリアンの謎はいくつか明らかになっている。

(1)エイリアンの原点が分かった!?

 シリーズ最大の謎は、エイリアンの起源。第1作で突然出現して以来、描かれるたびにその習性は明らかになっていったが、どのように発生したのかは不明のままだった。が、『プロメテウス』にそのヒントが登場。シリーズ初登場の宇宙人"エンジニア"は"黒い液体"を持っていて、これが原因となりエイリアンに似た生物が出現する。だが、この生物とエイリアンの関係は明確には描かれなかった。そして、『エイリアン:コヴェナント』で驚愕の事実が明らかになる!?

エイリアン
この恐ろしい生き物は、いったい何ものなの? Twentieth Century-Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティイメージズ

(2)謎の宇宙人の正体が分かった!

 第1作で惑星で乗組員たちが見た、巨大な宇宙船の遺物の中で椅子に座る宇宙人、通称"スペースジョッキー"の正体が、『プロメテウス』で判明。あれは異星人"エンジニア"が、ヘルメットと宇宙服を装着した姿だった。ただ同じ惑星ではなく、『エイリアン』は惑星LV-426、『プロメテウス』は惑星LV-223。だが、同じような出来事が起きたと推測できるのだ。

エイリアン
ウェイランド社所有の宇宙船『プロメテウス』より Twentieth Century-Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティイメージズ

(3)ウェイランド・ユタニ社の原点が分かった!

 第1作でリプリーが乗っていた貨物船の雇い主はウェイランド・ユタニ社。この企業はその後もずっとシリーズに登場する。そして『プロメテウス』に登場する企業はウェイランド社。これはウェイランド・ユタニ社の前身と推測される。

『プロメテウス』でウェイランド社創始者ピーター・ウェイランドは、"人類の起源の解明"とそれによる"自分の生命の延命"のため、研究者たちを乗せた探索宇宙船を資金援助する。やはりこの会社は、最初からエイリアンの情報を探していたのだ。

3:『エイリアン:コヴェナント』の前はどうだっけ?~前作『プロメテウス』をおさらい~

エイリアン
『エイリアン:コヴェナント』の冒頭が謎すぎる! なぜアンドロイドのデヴィットがピアノを? Twentieth Century-Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティイメージズ

『エイリアン:コヴェナント』はこれだけを観てもおもしろいが、『プロメテウス』の11年後の出来事なので『プロメテウス』をおさらいしておこう。

(1)『プロメテウス』のラストは?

エイリアン
『プロメテウス』でショウ博士とデヴィットは一緒に旅立つ Twentieth Century-Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティイメージズ

 『プロメテウス』の最後、考古学者エリザベス・ショウ博士は地球には戻らず、アンドロイドのデヴィッドと一緒に"エンジニア"の宇宙船に乗り、"エンジニア"の故郷の惑星を目指して飛び立った。彼らの行動は『エイリアン:コヴェナント』と関係があるのだろうか。

(2)アンドロイドのデヴィッドって?

『エイリアン』シリーズは第1作から第4作まで常にアンドロイドが登場し、物語の中で重要な役割を果たしてきた。『プロメテウス』『エイリアン:コヴェナント』でもそれは同じ。

エイリアン
『エイリアン』シリーズのアンドロイドといえばビショップ! Twentieth Century-Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティイメージズ

 『プロメテウス』のアンドロイド、デヴィッドは、ウェイランド社の創始者ウェイランドが開発した高機能アンドロイド。人間と同等の知能と意識と持ち、映画『アラビアのロレンス』を見て主人公の真似をするシーンもあった。

『エイリアン:コヴェナント』のアンドロイド、ウォルターは、デヴィッドの次世代機種で、外見はデヴィッドにそっくりだ。彼はどんな役目を果たすのだろうか。

『プロメテウス』
『プロメテウス』のアンドロイド、デヴィッドそして、『エイリアン:コヴェナント』のウォルターはとても知的! でもいったい敵なの? 味方なの? Twentieth Century-Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティイメージズ

『エイリアン:コヴェナント』予告編

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]