シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

見どころ:巨匠リドリー・スコット監督がメガホンを取った『エイリアン』シリーズの原点となるSFホラー。移住のため宇宙船コヴェナント号で旅立ったクルーたちが、ある惑星で遭遇した出来事を描写する。アンドロイドを『スティーブ・ジョブズ』などのマイケル・ファスベンダーが演じ、ヒロインを『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などのキャサリン・ウォーターストンが熱演。スコット監督が構築した世界観と衝撃の展開に絶句する。

あらすじ:宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴェナント号は、植民地の惑星に向かって宇宙を航行する。最新型アンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)が船の管理を任されていたが、途中で事故が発生。乗組員たちは必死で修復作業に取り組み……。

エイリアン:コヴェナント
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

映画短評

  • 清水 節
    欲望に忠実で、情の欠片もない“完全な命”こそ究極の恐怖
    ★★★★
    »読む«閉じる

     前作『プロメテウス』よりも『エイリアン』第1作要素は加味され、より残虐性が増した。リドリー・スコットは、視覚的に震え上がらせる方法論から転じ、ストーリー上の恐怖を追求する。リプリーを思わせる強きヒロインは登場するが、真の主役は、前作で「誰でも親の死を望むもの」と口走ったアンドロイドのデヴィッド。手掛かりは、フランケンシュタイン博士と怪物の物語。異星人と人間/人間と人造人間/人造人間と異生物を、造物主と被造物の永遠の関係性として捉え直す。スコットのもうひとつの伝説『ブレードランナー』とも通底するが、本能と欲望に忠実で欲望を満たすためだけに生き、情の欠片もない“完全な生命”こそ究極の恐怖だ。

  • なかざわひでゆき
    『エイリアン』シリーズらしい正統派SFホラー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     『プロメテウス』の続編であり、『エイリアン』の前編に当たる。ビジュアル的な世界観としては『プロメテウス』寄りだが、内容的にはオリジナルのDNAを受け継いだ正統派SFホラーだ。
     興味深いのは、リドリー・スコット監督自身の手による1作目だけでなく、『エイリアン2』以降の続編群を彷彿とさせるような見せ場もたっぷりと含まれていること。さながらベスト盤的な趣きだが、それゆえ既視感の強さも否めない。
     クライマックスのオチも想像通り。なにかと意外性に乏しい点は不満だが、総じて手堅く作られており、そういう意味では『プロメテウス』に戸惑ったファンも楽しめるはず。ジェームズ・フランコのカメオ出演にも要注目。

  • 山縣みどり
    造形や映像は絶品だけど、物語は王道のB級ホラーでした
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『エイリアン』以来、ファンを恐怖に陥れてきた擬態性エイリアンのオリジンがわかる作品で、シリーズの多分フィナーレ? 宇宙移民船がうっかり立ち寄ってしまった謎の惑星のダークな陰影やオーガニックな造形物は荘厳なくらいに美しいし、特撮も感動ものの巧みさ。なのに物語がB級ホラーなのだ。宇宙船の乗組員といえば頭脳明晰なはずなのに、「そこに入っちゃダメ」という道に入り込んで殺人鬼に襲われる高校生集団のよう。それはそれで面白いが、M・ファスベンダー演じるアンドロイドにシリーズのリンクを託しすぎて、作品自体が箱物行政ぽくなった。そのせいで「アンドロイドの髪がなぜ伸びる」なんて瑣末な部分が気になる結果に。

  • 平沢 薫
    エイリアンが新たな物語に生まれ変わる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     第1作「エイリアン」のリドリー・スコット監督自身が、新たなエイリアン神話を創造した。この映画を見ると、これまで"エイリアン"という存在について抱いていたイメージが変化する。そして、リドリー・スコット自身によるもうひとつの神話の再構築、「ブレードランナー2049」に通底するモチーフがあることにも気づかされる。この監督は今、何に興味を持っているのか。それを知る手がかりとしても見ておきたい。
     映像はこの監督らしい端正さ。色調は「エイリアン」第1作ポスターの緑色の印象を踏襲して、彩度の低い灰緑色で統一され、光は常に微量。終末的な気配と文学の香りが濃く漂う、新たなエイリアン世界が出現する。

  • くれい響
    前作に比べ、ファンサービス強化!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    多くの問題点を残した前作『プロメテウス』での反省点を生かしたか、“『エイリアン』前日談”とハッキリ銘打った今回は、オープニング・タイトルに始まり、水飲み鳥やタンクトップ姿を登場させるなど、強引さも感じさせながら、シリーズのファンサービス満載だ。ただ、てっきり継続すると思われた前作ヒロイン、エリザベスの後日譚があまりに…なうえ、前作以上にガチなマイケル・ファスベンダー映画になったのは意外。タイトルである「契約」に対する謎解きも見どころだが、リドリー・スコット監督の前作が『オデッセイ』だったことや、『パッセンジャー』『ライフ』など、今年日本公開されたSF映画の集大成と観ると、より興味深く楽しめる。

  • 猿渡 由紀
    怖くてえぐい、王道ホラー
    ★★★★
    »読む«閉じる

    人間の中からクリーチャーがうまれてきたり、シャワーでいちゃいちゃしている時にクリーチャーが忍び込んできたり。血もゲロもいっぱい出る、 王道のホラーで、文句なく怖い。冒頭でも示唆されるものの、「プロメテウス」とのつながりが本当にわかるのは、映画が中盤に差しかかってから。そしてそこはまさにマイケル・ファスベンダーの見せ場。最後のサプライズ(?)は、先を想像しないで見るようにしている筆者ですら読めたが、そこは作り手もわかってやっているかと思うし、それでもやっぱりぞっとさせられた。きゃーきゃー言って楽しめばいい映画である一方、人工知能が進みすぎることへの恐怖をちらりと考えさせたりもする。

予告編・動画

シリーズの原点を描く映画『エイリアン:コヴェナント』予告編
これぞエイリアン!映画『エイリアン:コヴェナント』予告編
アンドロイドはこうして作られる!『エイリアン:コヴェナント』特別映像
ジェームズ・フランコ登場!映画『エイリアン:コヴェナント』特別映像

» 『エイリアン:コヴェナント』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012

(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

ポスター/チラシ

  • 映画『エイリアン:コヴェナント』ポスター
    ポスター
  • 映画『エイリアン:コヴェナント』ポスター
    ポスター
  • 映画『エイリアン:コヴェナント』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・製作:
プロダクションデザイナー: クリス・シーガーズ
特殊効果スーパーバイザー: ニール・コーボールド
視覚効果スーパーバイザー: チャーリー・ヘンレイ
プロセティックススーパーバイザー: コナー・オサリヴァン
衣裳デザイナー: ジャンティ・イェーツ
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エイリアン:コヴェナント』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「エイリアン コヴェナント」:1作目の恐怖はいずこ? from 大江戸時夫の東京温度 (2017年9月20日 23時53分)
    映画『エイリアン コヴェナント』って、リドリー・スコットが手がけた正統派の前日譚 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エイリアン:コヴェナント」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2017年9月19日 1時13分)
    いろいろとある優先順位を排してこの映画を見てきましたが、 ラスト以外は評価できない、前作の「プロメテウス」の悪い所は忠実に受け継いだ作品。予想通りダメな映画でした。一言で言うなら「10数名の命と2000名の積み荷」ですかねぇ。バカ判断の連発で感情移入できや… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「エイリアン:コヴェナント」@TOHOシネマズ日本橋 from 新・辛口映画館 (2017年9月16日 16時31分)
    公開初日、夜。TCXスクリーンを構えるスクリーン7。劇場が広すぎて全体的にどの位の客入りかは不明だが、私の周りは満席、男性客が多い。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • エイリアン:コヴェナント/ALIEN: COVENANT from 我想一個人映画美的女人blog (2017年9月15日 23時1分)
    リドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編であり、 79年製作のSF映画の金字塔「エイリアン」へと繋がるエイリアンファン待望の最新作 前作の内容を確認しようと自分のblog観たら何と! 「プロメテウス」からもう5年も経ってたなんて5年て早い 地... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【エイリアン:コヴェナント】エイリアンの創造主が明らかに(゜д゜)! from 元ボクサーの一念発起 (2017年9月15日 19時43分)
    絶望の産声! 巨匠リドリー・スコット監督がメガホンを取った『エイリアン』シリーズの原点となる「プロメテウス」の続編であるSFホラー! いごっそう612 どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!エイリアンが好きなんです。 作品情報 原題:ALIEN: COVENANT 洋画:SF・ホラー 製作年:2017年 製作国:アメリカ 日本公開:2017年9月15日 上映時間:122分 公式サイト あらすじ 宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年9月11日の週の公開作品
  3. 『エイリアン:コヴェナント』