壮絶人生のアンミカが号泣までした、列車内の惨事を描く感動物語とは

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 モデル、タレントとして活躍するアンミカが、アカデミー賞監督クリント・イーストウッド監督の最新作『15時17分、パリ行き』を鑑賞。「涙が止まらず、心が震えました!」と熱い口調で語ったアンミカが、テロの現場に居合わせた主人公たちと同じく「予想外のことが人生で起きることが多い」という自身の人生を振り返りながら語った。(取材・文:森田真帆 写真:日吉永遠)

人生は失敗から学ぶ!主人公たちの前向きな生き方に共感

画像テキスト
モデルとしてパリコレ経験もあるアンミカ

 本作は2015年に起きたパリ行きの特急列車内で554人の乗客全員をターゲットにした無差別テロに遭遇した3人の若者たちが主人公。ヨーロッパを旅行していた3人がテロに遭遇するという想像もしない運命の日までを描いた本作について、アンミカは「彼らが辿ってきた人生そのものが、目の前に向けられたマシンガンに向かって突進できる勇気を作ったんだと、心から感動した」と彼らの行動力と勇気を褒め称えた。

 幼少期に家が火事になってしまったり、教会に預けられて育ったりという壮絶な過去を持つアンミカは、主人公たち同様、多くのことを自分の人生の逆境から学んだという。「この作品の中でも、主人公たちは子供の頃からいろんな失敗をします。でもその失敗が、事件に遭遇した瞬間に生きてくる。私自身、人生でつらい経験をすることは悪いことじゃないと思っています」とネガティブをポジティブに考える「ネガポジ変換」が大切だと語った。失敗や逆境から何かを学び取り、同じような体験をした人をいかに励ますことができるかを学んでいるというアンミカ。「自分に強い信念があれば、いざというときに周りの人達と力を合わせて立ち向かえることを学びました。つらい経験をして、何で私ばかり……と落ち込みやすい人や劣等感を持つ人の希望になる映画だと思います」と自身の生き方と重ねながら、主人公たちの生き様に共感したという。

友人と家族は宝!アンミカの人生を支えた幼なじみ

画像テキスト

 本作で主演を務めた3人の若者は、何と実際にこの事件でヒーローとなった当事者。犯人に向かって勇敢に立ち向かった3人が、自分自身を演じていることが大きな驚きだったと話すアンミカは「しかもみんなイケメン。ハリウッドスター並みに、かっこいいし演技も上手!」と3人を大絶賛。「幼なじみの彼らが一緒に過ごした不遇な少年時代から、決して成功したとは言えない青年時代までを映画の中で観られたことで、いつの間にか彼らの人生を応援していた」というほど入り込み、彼らから人は肩書きや成績では計れないことを改めて実感したという。

画像テキスト
幼なじみ3人という関係がリンクする

 「私にも彼らと一緒で幼なじみが2人います。私たち3人はコリアン差別を受けた過去があるので、お互いの悩みを一緒に笑ったり泣いたりできるいい友達。だから3人の関係がよく分かります」と劇中の3人同様、最高の友達に恵まれたことが人生の宝物だというアンミカ。また、中心的な人物であるスペンサーの人生について「彼はシングルマザーのお母さんに一生懸命育てられ、きちんとした愛を受け、人の役に立とうという信念を持って生きてきた人。普通なら体が動かない状況下で、彼がいざというときに人を救えたことが本当に素晴らしい」とテロから乗客を救った男の勇気を育てた背景には、家族の大きな愛があったと讃えた。

安心保証付き!イーストウッド史上最高のハッピーエンド

画像テキスト
生けるレジェンドであるイーストウッド監督演出中。

 テロリストに立ち向かった3人の当事者が、本人役を演じるということから、彼らが無事に生還したことが分かっている本作は、鑑賞前から100パーセントのハッピーエンドが確約されている作品でもある。アンミカは、「これまでのイーストウッド作品は、いい映画だけどリアリティーがすごくてつらい作品が多かった。でもこの作品は安心して楽しめました」と作品の安心感を保証した。さらに「80代後半のイーストウッド監督だからこそ描ける世界観だと思います。人生の哲学や愛、悲喜など全てを理解している彼だからこその作品」とイーストウッドファンの目線からも本作を絶賛。

画像テキスト

 アンミカは鑑賞後、「3人の人生をもっともっと知りたいと思いました。いろいろと調べちゃいそうです!」とすっかり3人の若者たちに心を奪われた様子。「親子でも、友達でも、多感なお子さんにもぜひ観てもらいたい作品です。私はよく主人とデートで映画に行くんですが、この作品はもう一回彼と観たいです。お互いが知らない自分が子供の頃の友達のことなんかを話してみたいです」と語った。

実話を本人たちが演じる 予告編

映画『15時17分、パリ行き』は3月1日より全国公開予定

オフィシャルサイト

(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC - - U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA (C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]