心を操る天才!絶対負けない男に目からウロコ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
BL
この男、天才なんです

 目からウロコの天才的な人心掌握能力を駆使して、どんな裁判でも自分の思い通りに判決を導く無敵の訴訟コンサルタントのブル。彼の活躍が視聴者を魅了し、2017年の新作テレビシリーズとしてはナンバーワンのヒットを全米で記録したドラマ「BULL/ブル 心を操る天才」。全米での視聴者数はなんと2,000万人を超えています。人の心の中を見抜き、心を操作してしまう唯一無二の天才・ブルについて紹介します!

■“心を操る天才”ブル!

BL
ブルが率いるTACのメンバー!

 「BULL/ブル 心を操る天才」は、なんと3つの博士号を持つ心理学者で、“訴訟コンサルティング会社”トライアル・アナリシス社(以下、TAC)の経営者である主人公ジェイソン・ブルが、トラブルに巻き込まれ裁判にまでもつれ込んだ依頼人=被告を救うという新しいタイプの物語です。

 TACには「元国土安全保障省職員のデータ分析のプロ」「元検事の法律のプロ」「凄腕ハッカーのネットを操るプロ」「一流スタイリストのイメージコントロールのプロ」「元FBI捜査官のリサーチのプロ」が所属しており、この最強チームとともにブルはクライアントが巻き込まれている裁判の展開を、裁判科学を駆使して予測。そして法律だけでなく、心理学、神経言語学、人口統計学などの知識も利用し、勝利をおさめます。目の前に立った人間のちょっとした仕種から相手の心を見抜く本人の類まれな能力はもちろん、それぞれの道のスペシャリストである個性豊かなチームのメンバーが、ブルを絶対に負けない男たらしめています。

BL
メガネを外してもかっこいい

 ブルを演じているのは「NCIS ネイビー犯罪捜査班」などで知られるマイケル・ウェザリー。マイケル演じるブルはいつでもクールにジャケットを着こなし、メガネの奥にある瞳は確かな自信にあふれています。余裕があるからこそ出てくるジョークや軽口もブルの魅力のひとつ。少しおちゃらけている部分もある性格だからこそ、たまに見せる真面目なブルに全員イチコロです。製作は「SCORPION/スコーピオン」「マクガイバー」「HAWAII FIVE-0」などで“チームもの”では定評がある、全米ネットワークテレビ局CBSなので品質保証は間違いありません。

■目からウロコだったブルの天才っぷり

BL
作戦会議中

・陪審員を選ぶ方法

 各話で裁判が始まる前に行われるのが陪審員を選ぶという工程。裁判所に予備審問のため集められた陪審員候補たちに質問をしながら、誰がクライアントにとって有益な陪審員なのかをブルは見きわめます。

 「へー、アメリカの裁判ってそんな仕組みなんだ」という思いもありつつ観ていると、ここでいきなりブルがその天才っぷりを発揮します。「お菓子はよくつくる?」というなんでもない質問への答えからブルはその人物の性格を見抜き、黙って座っているはずの陪審員候補たちはブルにだけ本音を教えているかのようです。

 しかも「ネットを操るプロ」凄腕ハッカーであるケイブルが候補者たちのSNSやネットでの閲覧履歴をすぐさまあぶりだしてブルに報告。陪審員を独自の方法で選んだブルたちは優位に裁判を進めます。ブルが面白いのはこの実際の陪審員と、それとまったく同じタイプの人間を模擬裁判の陪審員として集めて、シュミレーションをして陪審員の心理状態を計るということです。

BL
仲間とともに登場!

・依頼人の本音を聞き出す方法

 ブルが扱う事件は、医療絡み、冤罪、航空事故、軍事機密など多種多様。依頼人も癖のある人たちばかりです。ただひとつ共通しているのは、ブルが毎回、弱者の側に立つ正義の男であるということ。

 正義のために進むブルですが、時にブルが助けようとしている相手が本音を言ってくれないこともあります。ギリギリの精神状態で自白してしまい、刑務所に入れられている元コックの青年もそうでした。

 そんな彼の本音を聞き出すためにブルが取った方法が、刑務所での面会の際に彼に料理をしてもらうという方法でした。料理をすることで笑顔を取り戻した彼にブルが言った「その笑顔。それを法廷で見せてほしい。落ち着きと確かな自信。ボロボロになって自白した姿じゃなく、本当の君を見せるんだ」のセリフに青年以上に観ている側もガツンとやられてしまいます

BL
いつだってブルはクライアント第一

・敵の裏をかく方法

 ブルの敵となるのはブルの依頼人(被告)を裁判で有罪にしようとする検察官たちです。有罪であることを疑わない検察官たちに対して、ブルは彼らと視聴者が思いもしなかった華麗な方法で無実を証明してみせます(詳細は本編で目撃してください!)。

 そして裁判で実際に検察官と意見をぶつけ合うのはTACに所属する「法律のプロ」ベニーです。見た目は少し頼りないですが、元検察官という経歴を持つ彼もすごい。理系女子が依頼人となった回では化学が絡んだ難しい裁判で悩んでいる時に、「お菓子を食べること」で解決策を思いつきます。すごい発想の飛躍です。やはり天才の友は天才なのでしょうか。

 そしてこのベニーの声の吹き替え、「機動戦士ガンダム」のアムロレイ、「名探偵コナン」安室透の声で知られる声優の古谷徹が担当しているんです。

■全米1位のヒット作!豪華スタッフが集結

BL
正義のためにブルは進む

 冒頭でも述べましたが、このドラマは全米1位を獲得した大ヒット作! 製作総指揮は“クオリティー保証”の別名でも知られる(?)あのスティーヴン・スピルバーグが担当しており、脚本は『トータル・フィアーズ』『さらば、ベルリン』「Dr.HOUSE/ドクター・ハウス」などのポール・アタナシオが手がけています。

BL

 魅力的なチームに支えられたブルの天才っぷりに、あなたもハマること間違いなしです。ハマりすぎて、あなたも誰かの心を操ることができるようになるかも!?

「BULL/ブル 心を操る天才」DVD-BOX、PART1は6月20日、PART2は7月4日に発売&レンタル開始

「BULL/ブル 心を操る天才」公式サイト

(C)2018 CBS Studios Inc. BULL TM is a trademark of CBS Studios Inc. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]