映画たて・よこ・ななめ見!

ウーマンラッシュアワー貧困に向き合う『万引き家族』に脱帽!

映画たて・よこ・ななめ見!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ジブリで宮崎駿監督の出待ちをしちゃうほど映画大好きな村本大輔と、映画に関しては素人同然の中川パラダイスが、あらゆる角度からブッ飛んだ視点で映画トーク。今回は、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で最高賞パルムドールを受賞し、ウーマンの2人が観たい! と熱望した是枝裕和監督の『万引き家族』をななめ見しちゃいます。(取材・文:シネマトゥデイ編集部・森田真帆)

画像テキスト

映画『万引き家族』
東京の片隅で暮らす、犯罪でつながったある一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。万引きの帰り道、治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は、団地のベランダで凍える幼い女の子(佐々木みゆ)を見かけ、家に連れて帰る。彼女の体の傷を見た妻の信代(安藤サクラ)は、家族として面倒を見ることに。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めたこの一家は、初祖母・枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していた……。

[PR]

村本と中川、なぜか是枝監督を心配

村本:是枝監督の映画は、このコーナーで『海よりもまだ深く』や『そして父になる』を観たよな。あれも家族の話やったけど、是枝監督って、めっちゃ家族にこだわるよな。家族になんかあったんかな。

中川:おとんとの関係の描き方なんかに、感じるものがあるよなぁ。子供の頃に、寂しい思いとかをされてたんかなって、ちょっと心配になるわ。俺には救われない話に見えて、悲しかった~。

村本:俺は、希望を感じたけどな。ネタバレにならん程度に言うと、一家の男の子・祥太(城)がさ、最後の方に見せる決断。あれは、あの子自身がそういう世界から抜け出そうとして出た行動やと思うし。救いのないように見えるドラマの中に、希望が見えたというか。

画像テキスト
カンヌでもその演技が絶賛された、子役の佐々木みうと城桧吏

中川:なんていうか、答えがないよな。こんな理由があって、この人はこんなことをしましたっていうような、明確な説明がないから、自分の頭でしっかり考えなあかん。多分、受け止め方も人それぞれやと思うわ。

村本:ドキュメンタリーなのかと思うくらいリアルやから、つらくなってくる。日本にも貧困は実際にあって、そういう環境の中でたくましく生きている子供の姿にめっちゃグッとくるというか。日本人ということで、何となく恵まれているような気になっとったけど、こういう子たちもいるんやってことに、あらためて気付かされた。こないだ是枝監督が、「万引きで生計を立てる家族をテーマにするなんて、日本の恥さらしや!」みたいに、ネットでめっちゃ叩かれてて。日本のそういうところを見せたくないみたいな人たちがおるんやろうけど、そういうものに蓋をするのは簡単なこと。せやけど、ちゃんとそこに目を向けるって、すごいことやと思うわ。

中川:やっぱり、監督は、おとんとなんかあったんかなぁ。心配やな。

村本:俺が言ってること、聞いてないやん!

[PR]

父・中川パラダイスが心を痛めたこと

画像テキスト
自分ならどうするのか? 深く考えさせられたウーマンラッシュアワー。

中川:是枝さんの映画って、『そして父になる』の時もそうやったけど、子役の演技がすごい! あの小っちゃい女の子(佐々木)も、可哀想やったわ~。でも、ああして虐待されている子って、ほんまにおるしな。

村本:ああいう描写を見ることで、自分やったらどうするのかって考えさせてくれる。例えば、パラダイスやったらどうする? 仕事の帰り道に泣いている女の子がいて、元のお家に連れてったら、お父さんとお母さんの怒鳴り声が聞こえてきてさ。絶対に虐待されているってわかんねん。どうする?

中川:そうやなぁ。さすがに、連れて行くんはできへんかなぁ。してあげたいけど。まずは家に帰して、しかるべきところに虐待の相談をすると思うわ。

村本:やっぱり怖いもんなぁ。それをしちゃえることが、逆にすごいというか。

中川:きっと、あの映画の家族は、普通の家族を作りたかったんやろなって思ったわ。みんな、めっちゃ優しいやん。安藤サクラさんが演じてるオカン(信代)も、樹木希林さんのおばあちゃん(初枝)も優しくて。家族になろうって言う気持ちは純粋にあったと思うし。ただ、貧乏なだけで。

村本:俺さ、リリーさんが演じてるお父さん(治)の言葉にグッときたのよ。祥太に「スイミー」の話をされるシーンで「父ちゃん、英語ダメだから」って言うて、「国語の教科書に載ってる話だよ」って返されると「国語はもっとダメだ」って。あれ、切なかったわぁ。あのお父ちゃんが、育ってきた環境がわかるようでさ。

[PR]

ウーマン驚がく!キャストが全員うますぎる!

画像テキスト
そこに生きているような俳優陣の演技にも注目!

村本:しっかし、キャストの皆さんは全員、子役も含めて演技が上手かったなあ。

中川:役者さんたちが、ほんまにそこで生きている人たちになっていた。

村本:そうそう。それこそ、普段は皆さんムービースターなのにさ。この映画だと、完全に低所得者層の人たち。誰一人として偽物に見えないもんな! 安藤さんかて、ホントはめっちゃキレイな人なのに、しがない主婦に見える。夜中にたま~にテレビでやってる、貧困がテーマのドキュメント番組あるやん? あれを観てるみたいで、ほんまにリアルやったわ。

中川:亜紀役の松岡茉優ちゃんも結構体当たりな役でビックリした。

村本:あの役はすごかったよ。風俗で働いているっていうだけで、やっぱり悪いイメージがあるやん? でも、あの子自身はめっちゃええ子で、家庭環境のせいもあって、ああして稼いでいる。風俗にも絶対そういう子は多いし、肩書きだけで決めつけるのって、やっぱよくないわ

中川:ほんまやな。あの子が家に帰ってきて、おばあちゃんと一緒に布団で寝ているシーンとか、あの狭い部屋で、みんながワーワー言ってる感じってさ、はたから見るとちょっとやばい感じするけど、楽しそうやったもん。

村本:そうそう。なんかみんな、暮らしがきつそうだけど楽しそうでさ。たまに、深夜のファミレス行くと、めっちゃヤンキーの家族とかがいて、こんな時間に子供を連れまわすなよ! って思いつつ、その人たちがやたらワイワイ楽しそうにしていると結構心が温まったり、羨ましかったりすんねん。あの感覚思い出したな。

[PR]

これだけは言いたい!ななめ見ポイント!

画像テキスト
映し出されるのは、幸せそうな家族の姿……

村本:さっき、「風俗で働いてるからダメな子」っていう決めつけはしたくないって感じたと言うたけど、この映画は、そういう「決めつけ」についてすごく考えさせられる映画やった。この映画の家族たちって、めっちゃやばい状況に見えるけど、幸せなところもあるやろ。

中川:確かに、めっちゃ楽しそうやったもんな。万引きをさせられるのは確かに可哀想やけど、でも特にあの(実の親に)虐待されていた小っちゃい子なんて、あの家族と一緒にいた方が、絶対に幸せやって思うし。でも、世間的には、誘拐になるからな。

村本:そこにある事実だけで、すぐにそれが悪いことだと判断する。その裏にある事情っていうのは、関係ないねん。それが報道だったり、世の中の人の見方なんやろうなって思う。

中川:祥太が、カップうどんにコロッケつけてワイワイ食べている感じ、めっちゃよかったもん。万引きは悪いことやけど、めっちゃ、温かい家族やった。

画像テキスト
何事も「一面的には見たくない」という村本

村本:俺らはああいう話題をニュースなんかで見たとき、映画に出てくる刑事たちみたいに、悪やって決めつけてしまいがちやけど、そうじゃなくて、想像力を働かせたいなって思う。まぁ警察なんかは法に則って判断するものやけど、俺たちは、「なんでこの人たちが、万引きするまで追い詰められてしまったんやろう?」とか、「どうしたらこの人たちは罪を犯さないで済んだんやろう?」とか、そういうことを考えるべきなんやって思う。みんながみんな、同じように生活は進まない。だいぶ後ろにいる人たちっている。もちろん悪ではあるけど、一面的には見たくないねん。この映画が、TOHOシネマズ満員にさせていたら、俺は日本人のことを認めるわ。それが希望!

映画『万引き家族』は全国公開中
(C) 2018『万引き家族』 製作委員会
※記事内容には個人の意見が含まれています

[PR]

ウーマンラッシュアワー・プロフィール

2008年に結成された、村本大輔と中川パラダイスによるお笑いコンビ。2011年「ABCお笑い新人グランプリ」最優秀新人賞受賞、2012年「THE MANZAI 2012」決勝進出、2013年NHK上方漫才コンテスト優勝など数々の賞に輝き、4月に東京進出。「THE MANZAI 2013」で見事優勝し、3代目王者に輝いた。

村本大輔 1980年生まれ。福井県出身。自分でも「ネットに書き込まれるうわさはほとんどが事実です!」と認めている、自称・ゲス野郎芸人。だがその一方で、ジブリ作品やピクサーなどの心温まるアニメが大好きで、映画『あなたへ』で号泣するほどのピュアな一面も持ち合わせる大の映画好き。水産高校に通っていたため(中退)、お魚系や海洋ネタにも意外に詳しい。

村本大輔ツイッター

中川パラダイス 1981年生まれ。大阪府出身。これまで10回もコンビ解散している村本と唯一トラブルもなくコンビを続けている広い心の持ち主。2012年に入籍し、現在1児の子育てを満喫中のイクメンパパでもある。映画に関しては、「王道なものしか観ない」というフツーレベル。

中川パラダイスツイッター

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]