貧困女性の壮絶人生…!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 ごくごく平凡な1人の女が貧困、親のネグレクト、DV被害、ブラック企業の洗礼を受け、やがて闇社会へ転落する姿を描く社会派サスペンス「連続ドラマW 絶叫」が、3月からWOWOWで放送される。なぜ彼女は、壮絶な人生をたどるハメに……? 過酷な状況でも自らの足で立ち、居場所を求めて必死にあがくヒロインの生きざまに迫る。(文:先山しょうこ)

4,000円のディナーすら行けない

絶叫
鈴木陽子役は尾野真千子

 物語の始まりは国分寺のアパート。死後半年とみられる女性の白骨化した遺体が発見されたことだった。遺体は11匹の猫に食い散らかされ、見るも無残な状態。孤独死? けれど、刑事の綾乃は違和感を抱くーー。

絶叫
遺体が発見されたアパート

 こうして、遺体の主と思われる鈴木陽子の物語が語られていく。彼女の人生は、まるで呪いにかけられたよう。まずは貧困。それは現実社会をそのまま反映するかのようでもあって深刻だ。

 陽子は地方に暮らすごくふつうの家庭に長女として生まれる。やがて父親は巨額の債務を残して失踪。持ち家は抵当に入り、あっさり住むところも失う。母親から突き放された陽子は職を求めて東京へ行き、派遣でテレオペとして働くも、生活はギリギリ。同僚から「4,000円女子会プラン」に誘われても無邪気に参加できず、狭いワンルームに帰って、もそもそと侘しい夕食をとって寝るだけ。

 こんな生活から抜け出したい。そんなとき、陽子が出会ったのは生命保険会社で営業をする女性だった。「自分の人生を、自分で切り開いていく自信」がついたという誇らしげな言葉にうっとりするも、現実はそう甘くない。ノルマに苦しみ、やがて自ら保険に加入して成績を水増しするようになる……。

 貧困という呪いの解き方を知らない陽子は、自分で自分の首を絞めていく。ただ懸命に、自立して生きようとしただけなのに。

親からも彼氏からも

絶叫
誰からも愛をもらえず…

 陽子には2歳違いの弟・純がいた。子どものころから影が薄い陽子と違い、勉強ができ、母親による溺愛の対象だった純。そんな弟が死んでからも、母親が愛情を向けるのは弟だけ。どうして私は愛されないの? そんな孤独な飢餓感が、陽子の根底にあった。

 そうした飢餓感をある種の人間は正確に嗅ぎ当ててつけこむ。いつからか陽子の部屋に居ついた元ホストの河瀬礼二はまさにそんな男。働かずに部屋にこもってスマホをイジるだけ。酒に酔うと荒れて手が付けられず、陽子に暴力を振るう。

 なぜそんな男と付き合う? まっとうな人間ならそう思う。陽子も「逃げたくてもお金とか全部管理されていて……」なんて言い訳するが、本気になればいつでも逃げられることを自分でも知っている。彼女はただ、出会ったころの礼二が忘れられない。仕事でヘトヘトに疲れた自分に声をかけ、話を聞き、優しくしてくれたことを。「がんばったね」「1人でエライね」その記憶が唯一、真っ暗な孤独を照らす温かい光だった。

闇社会に転落

 そんな微かな希望が幻だと気づいたとき、愛情と思い込んだ不確かな感情は激しい殺意へ姿を変える。でも陽子は決して、負の感情を過剰に抱えたモンスターではない。ただ礼二の暴力から逃れてたどり着いた公園で同年代のOLが楽しそうに歩く姿を見たり、自分と同じように不幸の連鎖から抜け出せないと思っていた同僚が幸せな結婚をすると知ったことが積み重なったり。そんなとき、「私はどこで間違えたの?」という悲しみから逃れられなくなる。行き場を失ったその感情はやがていちばん近しい存在、たったいま自分に手を上げた男への怒りとして爆発する。

絶叫
安田顕が神代武にふんする

 「コイツさえいなければ」殺意の渦の中、陽子の中でふと黒い閃きが走る。生保レディとして培った生命保険の知識を使えば自分のこれまでの人生でずっと追い求めてきたこと、誰かに愛されたいという渇望と呪いのような貧困から脱出できるかも。そんな黒い閃きを嗅ぎ付けるかのような出会いが、再び陽子に訪れる。ホームレスを囲い込んで生活費を奪うという悪徳ビジネスに手を染める神代武。陽子の闇社会への転落が始まる。

それでも強く生きたい!!

絶叫
陽子の運命は…?

 ほんの少し母親の愛が足りなかっただけ、失踪した父親の借金の額が手に負えなかっただけ、傍にいた恋人が静かに誰かを愛するような人間ではなかっただけ。幾重にも重なる負の連鎖はやがて真っ暗な絶望となり、陽子を孤独の底へ突き落とす。けれど彼女はあきらめない。いくらその先に温かな希望の光が見つけられなくても、自分の居場所を求めて死に物狂いでもがき続ける。その姿はあまりに必死で、生きることへの渇望に熱を帯びる。

 もし同じ境遇に置かれたら、自分も彼女のような人生を送ったかもしれない。現代社会をサバイバルする厳しさをひりひりと感じている女性なら、図らずも陽子に共感することだろう。そうして彼女の行く末を思ってドキドキするはず。人生を転落する過程で真の自分を見出し、激しく発光するかのように生への執着を深めていく陽子。そんな彼女に、魂の救済はあるのだろうか?

「連続ドラマW 絶叫」はWOWOWにて3月24日より毎週日曜22時放送 第1話無料放送(全4話)

公式サイト

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]