TEAM NACSがHTB開局50周年ドラマに総出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドラマオリジナルキャラクターを演じる大泉洋

 演劇ユニット・TEAM NACS森崎博之安田顕戸次重幸大泉洋音尾琢真)のメンバーが、北海道テレビ(HTB)の開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」に出演することが明らかになった。

【画像】HTBとは深い仲のTEAM NACS

 TEAM NACSにとってHTBは、長年にわたって出演し続けている、切っても切れない関係。それだけに、HTBが自らの局舎を完全開放して撮影している本ドラマにも、5人全員が総出演することになった。

[PR]

 原作は、「動物のお医者さん」などで知られる札幌在住の漫画家・佐々木倫子によるコメディー漫画。HTBがモデルとなったローカルテレビ局「北海道★(ホシ)テレビ」(HHTV)を舞台に、謎の採用枠“バカ枠”で入社した雪丸花子(芳根京子)が、報道部の新人記者として大騒動を巻き起こしていくさまを、全5話にわたって描く。

 大泉が演じるのは、ドラマだけのオリジナルキャラクターとなり、物語全体をドラマチックに結実させる重要な役どころ。また安田は、北海道ローカルの王者である「ひぐまテレビ」の情報部部長役で出演。HHTVの息の根を止めようとするヒール役となり、あまりの気迫に、撮影現場に強い緊張感が走ったという熱演に期待。森崎、戸次、音尾もそれぞれの役どころで、ドラマを盛り上げる。

安田顕はヒール役を務める

 今や全国で多忙を極める TEAM NACS の出演について、福屋渉プロデューサーは、「ぜひとも5人そろってHTBの50周年ドラマに出てほしいと強く思っていました。5人の出演が、記念すべきドラマを最高の作品に導いてくれることを確信しています」と語っている。

 本作にはそのほか、 飯島寛騎宮下かな子、北海道発のボーイズユニットNORD(ノール)の島太星瀧原光長田拓郎らが出演。総監督は『踊る大捜査線』シリーズの本広克行。「水曜どうでしょう」の藤村忠寿をはじめ、山本透木村好克佐々木敦規らが監督を務める。2019年3月より連続ドラマとして北海道地区で地上波ローカル放送。また、Netflixが先行独占配信を行う。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]