アニメ『二ノ国』声優がすごい!

今週のクローズアップ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『二ノ国』

 現実世界と魔法世界を舞台に、二つの世界を行き来する少年たちが直面する究極の選択を描くアニメーション映画『二ノ国』(8月23日公開)。レベルファイブの日野晃博が製作総指揮・原案・脚本、『千と千尋の神隠し』などに携わってきた百瀬義行が監督、スタジオジブリ作品をはじめ多くの映画音楽を手がける久石譲が音楽を担う、この夏の注目作だ。最強の製作陣に加えて、声優にも華やかな顔ぶれが大集結! 気になるボイスキャストを紹介したい。(編集部・小山美咲)

~『二ノ国』ストーリー~

 冷静沈着なユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女・コトナは幼なじみ。ある日、何者かに襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」に迷い込んでしまう。そこは命が繋がった“もう1人の自分”がいる世界。ある残酷なルールを前に、2人は究極の選択を迫られることになる。

[PR]

若き才能たちがアニメ声優に初挑戦!

 メインキャラクターの声優には、山崎賢人(「崎」は「たつさき」)をはじめ、新田真剣佑永野芽郁というみずみずしい魅力と才能にあふれた若手俳優たちが選ばれた。

『二ノ国』

ユウ役:山崎賢人

 主人公・ユウの声を担ったのは、山崎賢人。昨年放送された主演ドラマ「グッド・ドクター」での繊細な演技が高い評価を受け、4月に公開された主演映画『キングダム』は大ヒット。若き実力派として着実にキャリアを積み重ねてきた山崎が、満を持して声優に初挑戦した。

 初めての声の仕事。山崎は声だけでさまざまな感情を表現するのは難しかったと語る。製作総指揮の日野と「俳優の良さ」を出していきたいと話し合い、演技に挑んだそう。さらにはプライベートでも親交があり、本作で共演した梶裕貴と「声優の仕事も俳優の仕事もやっぱり“気持ち”の部分がすごく大事」という話をしたことで、“気持ち”を大切にして演じたと明かしている。

 劇中では、実写作品で見せる自然体の演技の良さはそのまま、普通の高校生であるユウが物語を通じて成長してく様子を丁寧に演じ切った。心優しい少年の役とあり、持ち前の柔らかい声音を生かしながらも、戦闘シーンではりりしさを前面に出し、ギャップを見せつける。

『二ノ国』

ハル役:新田真剣佑

 ユウの親友・ハル役は、映画『パシフィック・リム:アップライジング』でハリウッド大作への出演も果たした人気若手俳優の新田真剣佑。この出演は「新しいチャレンジ」だったというが、活発で負けん気の強いハルを生き生きと演じている。アフレコについて新田は「いつもの芝居と違い声だけで伝えなければならない難しさもありましたがとても楽しかったです」と振り返る。

 ユウ、ハルとして親友同士を演じた山崎と新田は、映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』やドラマ「トドメの接吻(キス)」で共演経験があり、気心の知れた間柄。掛け合いのシーンのアフレコを2人で行った際には「キャッチボールがうまくできた」と手応えを感じたという。息の合った2人は、ナチュラルな会話シーンから激しく対立する場面まで、ユウとハルの関係を見事に表現した。

『二ノ国』

コトナ/アーシャ姫役:永野芽郁

 ユウとハルの幼なじみ・コトナ役と、「二ノ国」エスタバニア王国の姫・アーシャ役を担ったのは、永野芽郁。NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインを演じる経験を得て、国民的女優への道を一歩ずつ進んでいく永野の新たな挑戦となった。

 2役を務めるのは難易度が高く、頭をフル回転する必要があったそう。「自分1人で画面と向き合って演じるというのも不思議な感覚で、体力を使ったという気がします」とも語っており、アフレコは新鮮な体験だったよう。可愛らしさと意志の強さが両立した永野の声は、本作のヒロインのイメージにぴったりと寄り添っている。

[PR]

豪華すぎ!声優ドリームチームが集結

 ユウたちを取り巻くキャラクターの声優には、アニメファンでなくともその名を知られる宮野真守津田健次郎坂本真綾山寺宏一、梶裕貴という人気・実力を兼ね備えた“声優ドリームチーム”が集結した。

『二ノ国』
左からヨキ(宮野真守)、ガバラス(津田健次郎)、サキ/ヴェルサ(坂本真綾)、バルトン(山寺宏一)、ダンパ(梶裕貴)

ヨキ役:宮野真守

 エスタバニア王国の魔法宰相・ヨキ役は、確かな演技力・歌唱力のみならず、そのイケメンぶりと高いサービス精神でバラエティー番組などでも活躍する宮野真守。参謀的なポジションでもあるヨキは、宮野いわく「ただの良い人ではない一癖も二癖もある役」。しっかりと設定を打ち合わせして、彼のことを一番に理解して作品に臨みたいと語っていた。

ガバラス役:津田健次郎

 エスタバニアを狙う黒旗軍の最高指導者・ガバラス役は「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」海馬瀬人役、「テニスの王子様」乾貞治役などで知られる津田健次郎。本作が描く壮大なファンタジー世界に期待を寄せつつ、津田は「監督はじめスタッフの皆さんの想い、キャストの皆さんの熱を感じて自分なりのガバラスを演じようと思っています」と意気込んでいた。

サキ/ヴェルサ役:坂本真綾

 ユウとハルが慕う花屋のお姉さん・サキと、アーシャ姫を守る騎士隊長・ヴェルサの2役を担ったのは、「黒執事」シエル・ファントムハイヴ役や「桜蘭高校ホスト部(クラブ)」藤岡ハルヒ役などの坂本真綾。アフレコ前には、この役を通じて「どんな感情を抱き、どんな発見があるだろうかと、今からとても楽しみにしています」と語った。

バルトン役:山寺宏一

 エスタバニアの兵士長であり、王国一の剣術士であるバルトンを演じたのは、日本を代表する声優の1人・山寺宏一。最近では、アニメ版に引き続いて実写版『アラジン』“ランプの魔人”ジーニーの日本語吹き替え声優を担ったことも話題だ。七色の声を持つといわれる山寺が本作ではどんな“色”を見せるのか、期待してほしい。

ダンパ役:梶裕貴

 アーシャ姫のお世話をしている妖精族のダンパ役は、「進撃の巨人」エレン・イェーガー役、「マギ」アリババ役などで人気の梶裕貴。本作の世界観の基となったRPG「二ノ国」が大好きだという梶は、シナリオを読んだ時点で、「二ノ国」ならではの設定を生かしたドラマに、早くも感動したという。愛らしい見た目の不思議な生き物・ダンパをユニークに演じる。

[PR]

実力派俳優も参戦!

 さらには実力派俳優のムロツヨシ伊武雅刀がボイスキャストに名を連ね、ストーリーをグッと引き締めるとともに彩りを添える。

『二ノ国』
左からお爺さん(ムロツヨシ)、フランダー(伊武雅刀)

お爺さん役:ムロツヨシ

 幼少期のユウと同じ病院に入院し、ユウをいつも元気づけていたお爺さんを演じるのは、独特の存在感で多くの人を魅了する俳優・ムロツヨシ。「ちょっとおかしな謎めいたお爺さん」役はやりがいがあったと明かすムロ。実は物語に深く絡んでくる重要な存在を担っており、その活躍に注目だ。

フランダー王役:伊武雅刀

 エスタバニア王国を治めるフランダー王役を担ったのは、ベテラン・伊武雅刀。「数年ぶりのアニメの声の仕事。完璧な体調で臨もうと、前日は酒を一滴も飲まずに早寝をし、当日は朝日を浴びながら新緑の中を散歩してスタジオ入りしました」と並々ならぬ意気込みを見せた。威厳のある王の顔の一方で、アーシャ姫の父として娘への思いをにじませる。

 『二ノ国』にはどんな世界が広がっているのか。アニメーション作品において、ストーリーや作画と同じく重要な“声優”の、このわくわくする布陣からもそれが想像できる。

(C) 2019 映画「二ノ国」製作委員会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]