小栗旬主演『人間失格』美男子図鑑

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 『さくらん』『ヘルタースケルター』『Diner ダイナー』に続く蜷川実花監督の長編映画第4作『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9月13日公開)。太宰の代表作「人間失格」の誕生秘話を、太宰の妻と2人の愛人たちとのエピソードを軸に、事実とフィクションを交えて映画化する本作は、太宰役の小栗旬を筆頭に麗しの美男が大挙出演。実在の人物から映画オリジナルのキャラクターまで、華やかな顔ぶれをまとめて紹介します。(編集部・石井百合子)

[PR]

小栗旬(太宰治役)天才にして稀代のモテ男

人間失格

 蜷川作品では、『さくらん』で花屋を好演。監督たっての希望により太宰を演じることになった小栗。太宰は、妊娠中の妻と2人の子供がいながら浮気、自殺未遂を繰り返し、そのスキャンダルな生きざまから“破滅型作家”と呼ばれた男。小栗は「お話を頂いたのはずいぶん前のことだったと認識しております。悩みました。この文豪を自分を通して産み出すことが出来るのだろうか。自分がこの人生を生きることは出来るのだろうか。しかし、監督から僕でなければ、というお言葉を頂き、脚本に魅了され、決断いたしました」と出演の経緯を明かしていますが、本作のために大幅な減量も経て、美しく愛嬌たっぷりの太宰像をつくりあげました。宮沢りえ(妻)、沢尻エリカ(愛人)、二階堂ふみ(愛人)を相手に、ラブシーンもたっぷり堪能できます!

成田凌(佐倉潤一役)太宰に愛憎抱く編集者

人間失格

 『愛がなんだ』『チワワちゃん』などで絵にかいたような不誠実な男性を演じる一方、悪役もこなす成田凌。映画では蜷川監督と初タッグとなる成田が、映画オリジナルのキャラクターで編集者の佐倉潤一役に。作家としての太宰を崇拝しつつ、絶えず複数の女たちと関係を持つ彼にあきれジレンマに陥っていきます。成田は「僕が演じた太宰の担当編集者・佐倉潤一は、太宰の嫌な部分を沢山見ていて、様々な問題に巻き込まれるのですが、何よりもまず学生時代からの太宰の大ファンで敬意が前提にあるということを大切に演じました」とアプローチを明かしています。

[PR]

千葉雄大(太田薫役)太宰から姉を守る堅実な男

人間失格

 太宰の愛人で弟子、彼の小説「斜陽」のモデルとされる静子(沢尻)のしっかり者の弟・薫にふんするのは、成田も名を連ねた映画『スマホを落としただけなのに』のほか、ドラマ「高嶺の花」「プリティが多すぎる」など出演作が続く千葉雄大。沢尻との共演について、「沢尻さんの弟役は実は2回目なのですが、映画としては初めてで、光栄な時間でした。薫はある意味堅物だと思いますが、常に姉のことを思っている。それを根底にもって演じました」とコメント。沢尻とは「レノアハピネス」のCMで姉弟役で共演していました。

瀬戸康史(伊馬春部 いま・はるべ役)太宰の気のいい親友

人間失格

 朝ドラ「まんぷく」の神部茂役で注目を浴び、現在、深田恭子共演のドラマ「ルパンの娘」が放送中の瀬戸康史。福岡県出身の彼が、同じく九州(八幡)生まれの劇作家、放送作家の伊馬春部にふんし、福岡弁を披露。太宰の親友という設定を演じるにあたり「僕は太宰の友人・伊馬春部という役を演じました。2人は本当に仲が良かったそうなので、距離感の近さを表現したかったのですが、初共演の小栗さんに非常に優しく接して頂いて、楽しく演じることができました」と小栗との初共演を振り返っています。

[PR]

高良健吾(三島由紀夫役)太宰を挑発する若き天才

人間失格

 公開中の映画『アンダー・ユア・ベッド』で、狂気めいた純愛を貫く主人公を演じる高良健吾。2016年の映画『蜜のあわれ』では作家・芥川龍之介にふんしていましたが、本作では若かりし頃の三島由紀夫に。「僕は太宰さんの文学が嫌いです」とケンカを売る、血気盛んな三島像が印象的。高良は「三島由紀夫さんの本には個人的にも影響を受けているので、プレッシャーはもちろんありましたが、演じられて光栄でした。今回自分が演じた三島は、21歳の学生の頃なので、みんなが持っている三島像とは差をつけたいという思いで探りながら演じていました」と三島役への狙いを語るのと同時に、「蜷川監督の三島への思い、演出も非常に的確で分かりやすく、若い時に鍛えていただいた小栗さんとの共演も、緊張感がありつつも本当に楽しかったです」と蜷川監督×小栗とのセッションを回想。ちなみに、小栗とは3月に放送されたスペシャルドラマ「二つの祖国」で兄弟役で共演していました。

藤原竜也(坂口安吾役)太宰の同志の異端児

人間失格

 小栗と共に、蜷川実花監督の亡き父・蜷川幸雄さんの舞台を踏んだ藤原竜也。演じるのは、「堕落論」などで知られる無頼派を代表する作家の坂口安吾。蜷川監督とは主演映画『Diner ダイナー』に続くタッグとなり、同作に小栗も出演(殺し屋役)。坂口がバー「ルパン」で太宰に「地獄に堕ちて書いているか」と悪魔のようにささやくシーンは強烈! 藤原は「蜷川監督とは『Diner ダイナー』でもご一緒させて頂きましたが、小栗くん主演の本作に出演できるということは、非常に光栄で嬉しかったです。坂口安吾という重要な役どころを頂き、実際に太宰と安吾が通っていたバー“ルパン”での撮影はまるでタイムスリップしたようにすごく素敵な空間で、大変貴重な経験をさせて頂きました」と充実した様子です。

 太宰と女性たちの関係はもちろん、嫉妬、軽蔑、羨望など、太宰に一筋縄じゃいかない感情を抱く男たちのキャラクターも眼福です。

(C) 2019『人間失格』製作委員会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]