ADVERTISEMENT

Netflix「ウェンズデー」キャストまとめ!ティム・バートン版アダムス・ファミリー

 映画『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』などの鬼才ティム・バートンが監督・製作総指揮を務めるNetflixの実写ドラマシリーズ「ウェンズデー」の配信がスタート。本作は、忌まわしくて不気味なものが大好きなお化け一家アダムス・ファミリーの長女“ウェンズデー”を主人公にした推理ミステリー。吸血鬼や人狼など、特殊な力を持つティーンが通う寄宿学校ネヴァーモアで学生生活に奮闘するウェンズデーが、一族にまつわる殺人事件に迫る。はみ出し者ばかりの個性的な学園の生徒たちを、ウェンズデーを悩ませるアダムス一家のキャストと共に紹介する。

ウェンズデー

アダムス・ファミリーの長女。冷酷・陰湿・無口・危険・皮肉屋……と彼女を説明する表現はブラックさ満載。服装は常に白と黒のモノトーンで1人を好むが、非常に優秀で圧倒的カリスマ性を誇る。数々の問題行動で普通の学校を追い出され、代々アダムス家の子供が通うネヴァーモア学園で、ファミリーにまつわる殺人ミステリーに巻き込まれていく。演じるのは『YESデー ~ダメって言っちゃダメな日~』などの若手女優ジェナ・オルテガ

ADVERTISEMENT

イーニッド・シンクレア

流行り物好きなウェンズデーのルームメイト。人狼として致命的な悩みを抱えている。演じるのはエマ・マイヤーズ。

ゼイヴィア・ソープ

学園に通う悩める芸術家。ウェンズデーに特別な思いがある様子。演じるのはドラマ「The Gifted ザ・ギフテッド」などに出演するパーシー・ハインズ・ホワイト

ビアンカ・バークレー

セイレーン族で学園の女王。ゼイヴィアと交際していたが学期初めに別れたらしい。演じるのはジョイ・サンデイ

ヨーコ・タナカ

原宿に影響されたゴス風の吸血鬼。演じるのは『スカイライン-逆襲-』などに出演したナオミ・J・オガワ

ADVERTISEMENT

エイジャックス・ペトロポラス

ゴルゴンのキュートだがおバカな若者。演じるのはジョルジ・ファーマー

ラリッサ・ウィームス

ネヴァーモア学園の校長で、アダムス家の母親モーティシアの元ルームメイト。演じるのは『スター・ウォーズ』シリーズのキャプテン・ファズマ役などで知られるグウェンドリン・クリスティー

ヴァレリー・キンボット

ウェンズデーのカウンセリングを担当する博士。演じるのは『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』などのリキ・リンドホーム

ドノヴァン・ガルピン

ネヴァーモアに近い町ジェリコの保安官。不思議な力を持つ子供が集まる学園を危険視している様子。息子のタイラーがひょんなことからウェンズデーと知り合いに。演じるのはジェイミー・マクシェーン

ADVERTISEMENT

ゴメズ

家族を愛するアダムス・ファミリーの家長。陽気な性格だが不謹慎で悪趣味な男。演じるのはベテランの名バイプレーヤー、ルイス・ガスマン

モーティシア

魔女の家系に育ち、常に冷静沈着なアダムス家の母親。演じるのは『シカゴ』などの人気女優キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

パグズリー

ウェンズデーの弟で彼女によくイジメられる。彼をイジるのは姉だけではないが、ウェンズデーは弟を拷問していいのは自分だけだと思っている。演じるのはアイザック・オルドネス

ハンド

ゴメズの幼馴染で意思を持つ“手”。モーティシアの命令でウェンズデーを見守るために学園に潜入するが……。

ADVERTISEMENT

フェスター

ウェンズデーのおじで、数少ない心を許す存在。演じるのはフレッド・アーミセン。もちろん本作には、一家の執事ラーチ(ジョージ・バーシア)も登場。

そのほかにも本作には、個性的なキャラクターが次々と登場。さらに、子役時代に実写映画『アダムス・ファミリー』(1991)および『アダムス・ファミリー2』(1993)でウェンズデー役を務めたクリスティナ・リッチも、ウェンズデーが暮らす寮の寮母マリリン・ソーンヒル役でキャストに名を連ねている。

Netflixシリーズ「ウェンズデー」は配信中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT