ADVERTISEMENT

佐藤健が幽霊に!「100万回言えばよかった」キャスト・相関図【まとめ】

 井上真央主演、佐藤健松山ケンイチ共演の2023年1月期TBS金曜ドラマ「100万回 言えばよかった」(1月13日スタート、毎週金曜よる10時~)の登場人物、キャスト、あらすじを紹介します。

あらすじ

 幼馴染でお互いを運命の相手だと確信していた相馬悠依と鳥野直木。悠依にプロポーズしようと決めた矢先、直木は不可解な事件に巻き込まれてしまう。最愛の人が突然姿を消した悲しみに暮れながらも直木を懸命に探す中、悠依は刑事・魚住譲と出会う。後日、譲は街中で直木の姿を見つけて話しかけるが、なんと直木は幽霊の姿に。直木は、自身の存在を唯一認識できる譲に自分の言葉を悠依に伝えてほしいと頼む。脚本を大ヒットドラマ「きのう何食べた?」や朝ドラ「おかえりモネ」などの安達奈緒子、演出をドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「大恋愛~僕を忘れる君と」などの金子文紀らが務める。

ADVERTISEMENT

相関図

登場人物

相馬悠依(演:井上真央)

 美容師。有名美容室の系列店で店長を任されている。中学生のときに家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで直木と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが直木が営む料理店で偶然再会し、昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれていく。

鳥野直木(演:佐藤健)

 悠依と同じく里親に預けられた過去を持つ。料理人の道を目指していた直木は小さな店をオープンさせ、そこで悠依と偶然再会。悠依にプロポーズしようと心に決めた矢先、事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになる。

魚住譲(演:松山ケンイチ)

 神奈川県警先浜警察署刑事課・巡査部長。現世をさまよう直木と唯一意思の疎通ができる。実家は千年続く寺で、霊媒体質の家系に生まれた。とある事件を追っている最中に、魂となって現世を彷徨う直木の姿が見えることに気づき、戸惑いながらも直木の思いを伝えるため悠依に接触を図る。

田島宏一(演:少路勇介

 先浜警察署刑事課・警部補。後輩の譲と共に直木の事件を担当する。

村中望海(演:穂志もえか

 先浜警察署・生活安全課の巡査。譲に一方的に告白し、フッた過去ことがある。

ソン・ハヨン(演:シム・ウンギョン

 脳神経内科医師。悠依とひょんなことで出会い、徐々に関わりを持つようになる。

樋口昌通(演:板倉俊之

 直木と深く関わる謎の人物。

高原涼香(演:近藤千尋

 譲が追う事件の被害者。

広田勝(演:春風亭昇太

 悠依と直木の里親。穏やかな性格で子どもたちに愛情を注いでいたが実は秘密があり、後に悠依や直木、譲をも巻き込んでいく。

広田美貴子(演:桜一花

 勝の妻。

魚住叶恵(演:平岩紙

 譲の姉。霊媒体質を持つ特別な家系の中でその力を継承し、千年続く実家の寺を継いでいる。譲のことを気にかけ何かとアドバイスする。

池澤英介(演:荒川良々

 直木が働く洋食店「ハチドリ」のオーナー。洋食店を営んでいるものの料理はできず、調理関係はすべて直木に任せている。直木が開いている「こども食堂」にも協力的で、突然姿を消した彼を心配する。

(C)TBS

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT