北朝鮮に商機を求める人々が胡散臭すぎる!?

2021年10月14日 山縣みどり THE MOLE(ザ・モール) ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
THE MOLE(ザ・モール)

『誰がハマーショルドを殺したか』のM・ブリュガー監督作で、自己申告スパイのウルリックが労災で暮らす元料理人と聞けばモキュメンタリーの香りがぷんぷん。が、彼が部下の亡命で更迭された元駐英北朝鮮大使や悪名高き北シンパのスペイン人らと関わり、まさに映画的なノンフィクションなのだと仰天。経済制裁を受けている北朝鮮とのビジネスで儲けようと企む人々が胡散臭いが、大金の前で政治イデオロギーは意味を失うのだ。「売れるなら、武器も覚醒剤も作りまっせ」な北朝鮮の実態も暴かれ、国連は形なし!? 潜入(?)中のウルリックへの監督の指示や彼が撮影した映像の編集がコミカルなので、北朝鮮のダークサイドがそこまで怖くない。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:最近、役者名を誤表記する失敗が続き、猛省しています。配給会社様や読者様からの指摘を受けるまで気づかない不始末ぶりで、本当に申し訳ありません。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]