ADVERTISEMENT

色、構図、動き、そのすべてに魅せられる

2021年12月22日 平沢 薫 シチリアを征服したクマ王国の物語 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
シチリアを征服したクマ王国の物語

 まず色に魅了される。白い雪山、青い空、赤いクマたち。色彩はすべて鮮やかなのに、柔らかい。さらに構図と動き。とくに、人物が踊るとき、クマが行進するときなどに、その物自体の動きだけでなく、それによって生じる影が変形しながら動き、その物と影との絡み合いは目眩がするほど魅惑的。
 監督のロレンツォ・マトッティはイタリア生まれのパリ在住。建築学を学んだ後にイラストやコミックで活動し、2003年にグラフィック・ノベル「ジキル博士とハイド氏」でコミック界で最も権威ある賞のひとつ、米アイズナー賞を受賞した人物。彼のイラストはすでに色と動きに満ちているが、その魅力がアニメになってさらに増幅されている。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「Movie Walker」「日経エンタテインメント!」「DVD&動画配信でーた」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:どちらもまだ途中だけど、クライム・サスペンスかと思ったらかなり変化球の「シャイニング・ガール」@Apple TV+、西部ドラマかと思ったらそれだけじゃない「アウター・レンジ〜領域外〜」@Amazon Prime がスゴくて、最終話が楽しみ。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT