シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

テキトーすぎて笑える断捨離。

  • 365日のシンプルライフ
    ★★★★★

    どこの国にも断捨離を考えるヒトというのはいるもので、これはそのフィンランド版。何でもかんでも捨てちまうのでなく、まず部屋のものすべてをロッカールームに預けて(というので厳寒の中の最初のシーンは間抜け)、一日一個だけ必要物を持って帰れる、という結構ユルい決まりを自分に課すのだ。計画終了までの一年間何も買わない、と言っときながら食べ物は弟とかに恵んでもらうというイージ−さ。しかも、そもそも彼女にフラれて思いついた計画だけに、新しい彼女ができたら一挙にモノが増える増える(笑)。……結論。生活に必要なモノって案外多いんだね、ということ。でもコレ以下の単位で暮らしてる奴って山ほどいると思うぞ。

⇒映画短評の見方

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴: 映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、大阪・天六のブックカフェ「ワイルドバンチ」で月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤の日曜日には鼠を殺せ」を主宰。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「SAVVY」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。ちょいと私事でレヴューをアップし損ねてましたが、どんどん書いていきます。

» ミルクマン斉藤 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク