ADVERTISEMENT

岩井俊二の影響も色濃い白銀のラブストーリー

2022年1月8日 なかざわひでゆき ユンヒへ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ユンヒへ

 シングルマザーとして韓国に暮らす女性ユンヒのもとへ、遠く離れた日本から届いた一通の手紙。それをこっそり読んで、母親の封印された初恋を知った女子高生の娘セボムは、手紙の送り主である女性ジュンとユンヒを引き合わせるため北海道行きを提案する。雪深い真冬の小樽を舞台に、周囲の無理解と社会の偏見のため引き裂かれ、望まぬ人生を歩まざるを得なかった2人の女性の再会を描く。なんという美しさ、なんという繊細さ、なんという奥ゆかしさ。長い時を経ても変わらぬ女性同士の深い愛情と共に、抑圧されたマイノリティの孤独と哀しみが静かに浮かび上がる。偏見を持たない自由な若い世代に希望を託す優しさと暖かさもまた心地良い。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT